公開日: 最終更新日:

妊娠中の妊婦さんが育毛剤を使用するのは危険ですか?

女性用育毛剤を産後脱毛や妊娠中から使っても安心?

抜け毛がひどいし、止まらない!ホント産後の抜け毛の悩みって深刻なんですよね。出産を経験された方の実に半数以上のママさんが、産後に抜け毛が急激に増えてしまって不安に感じたという結果も報告されています。

産後の脱毛症は分娩脱毛症や産後脱毛症とも呼ばれていて最近では脱毛症と認知もされています。抜け毛が続いてしまえば、一番気になる薄毛へと直結してしまいハゲた状態になるケースもあります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lHW84hkCM3o

ですから、妊娠中からしっかり育毛剤でケアを始めておきたいところです!ただし、副作用が気になるところですよね?赤ちゃんに影響を与えてしまうのは、本末転倒です。

結論として、医薬部外品と言われる女性用育毛剤、化粧品タイプのスカルプエッセンスであれば基本的には問題ないと言えます。ただし、これには2つ条件がありますので詳しく解説していきます。

また、抜け毛が増えてしまう原因とは何でしょうか?育毛剤以外の対策は無いのでしょうか?そのあたりについても、徹底解説していきます!

育毛剤で医薬品タイプは使用しないこと!

産後脱毛に医薬品の育毛剤を使うのは大変危険ですからこれは絶対禁止です!

とは言っても、卒乳した後であれば赤ちゃんには特に問題無いので良いのですが、妊娠中は危険ですし、授乳中も注意が必要ですね。

医薬品というのは身体に作用させて効果を発揮していきますから、何かしらの副作用があってしかるべきなんです。がん治療だって、抗がん剤が効果がある分、副作用も大きいじゃないですか。それと一緒ですよね?

ミノキシジルやフィナステリドといった医薬品は副作用が有ること、そして女性が使う場合には特に注意が必要になるで注意してください。

医薬部外品や化粧品でも注意が必要な場合も!

基本的には医薬部外品なら特に問題ないんですけど、それでも効果効能に「産後脱毛にも使えます」と言った記述が無い限りは勝手に使うのは控えてください。これは自己責任になってしまいます。

とは言っても、育毛剤の医薬部外品は身体に作用させる医薬品と違って副作用はごく少ないと言われています。もし心配であれば主治医に産後脱毛が気になるので医薬部外品の育毛剤を使っても大丈かを確認しておくと安心ですよね。

また、使用感が悪くて肌に合わないというようなことは十分にありますので、こちらにも注意しておいてください。

育毛剤を使用する添加物が少ないタイプの育毛剤がオススメ!

安心安全

やっぱりご自身や赤ちゃんのことを考えると、添加物を極力使っていない育毛剤が安心ですね。ここで勘違いして欲しくないのは、女性用、産後脱毛用育毛剤だからといって添加物が少ないってことではありません!

添加物は赤ちゃんの口に直接入るわけじゃなくて、ママさんの頭皮から浸透していくのですが、ナイーブな部分ですから少ないに越したことはありませんよね。しかも、ママさんの大切な頭皮や髪の毛を守る上でも必要以上の添加物は使いたくありませんしね。

トータル的に安心安全に使えるのって添加物が少ないだとか、副作用の心配が少ないってとこですからね。

基本的に当ブログで紹介している厳選優良育毛剤は添加物が少なく安全なものを紹介しています。もちろん、ママさんの薄毛の悩みも解消してくれるパワーを持った育毛剤ですし、効果が期待できそうな女性用育毛剤を選んで紹介しています。育毛剤選びに迷ったようでしたらこちらから選ばれると良いでしょう。

ちなみに、市販やドラッグストアで購入できるような、言い方を変えれば誰でも簡単に買えるような育毛剤だけは止めておきましょう。ママさんの為にも赤ちゃんの為にもなりません。

原因その1|ホルモンバランスとの関係性について

まず代表的な原因として挙げられるのが、ホルモンバランスとの関係性についてです。

髪の毛の成長と女性ホルモンとは深く関係しているとも言われていて、女性ホルモンによって美しく女性らしい髪の状態だキープできるとされています。

女性ホルモンは加齢とともに分泌量が減っていきますので、年と共に女性ホルモンが減っていくのは仕方ありません。

では、出産との関係性ですが妊娠中から女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが徐々に増えていきます。年齢に関係なく妊娠することで女性ホルモンの量が増えるという訳です。

この女性ホルモンの量ですが出産まではホルモンも多く分泌されるのですが、出産と共にガクッと落ち込んでしまいます。

妊娠中に抜け落ちるべき髪の毛が女性ホルモンの分泌量増加によって、抜け落ちることなく頭皮に留まっていたものが子供を産んだ事によって女性ホルモンが少なくなり一挙に増えてしまうために抜け毛の量が増えてしまいます。

それなら抜け落ちさえすれば正常に戻るのか?ですが、自然と戻る場合もあれば、ヘアサイクルが乱れてしまうことでいつまでもダラダラを続いてしまい、薄毛になってしまうケースもあるのです。

女性ホルモンを増やすことが出来れば最高なんですけど、簡単なものではありません。

そもそも子供を産むことで、完全に身体が女性モードから母親モードになってしまいます。旦那さんが居るので恋は難しいですが、妄想で恋愛したり、性交渉をしたりすることで女性ホルモンの分泌量は多くなると言われています。

母親モードですから産後にそういった事を行うのは難しいかもしれません。

女性ホルモンの分泌を増やすことも大切なのですが、後で紹介する対策を行うことでも産後抜け毛を抑制して薄毛に進展するのを予防することは十分に可能です。

その中でも女性ホルモンに似ていると言われる、大豆イソフラボンの摂取がオススメですね。女性ホルモンまでとは行きませんが大豆イソフラボンの摂取はすごく良い対策です。この後で紹介していますので参考になさってください。

原因その2|栄養バランスとの関係性について

次に紹介したい原因ですが、栄養バランスとの関係性についてです。妊娠中から赤ちゃんに栄養をあげているので自分が思っている以上に栄養分が自分に回ってきていません。

その状態が長く続くことは髪の毛にとって良くないことは明らかですよね。そして、出産後に完全母乳になればどうでしょうか?赤ちゃんに栄養分が行ってしまうのでお母さんとしては、自分の栄養が十分で無い状態が継続されてしまいます。

可愛い赤ちゃんのためですから仕方ないんですけど、栄養分が少なくなるというのはお母さんご自身の髪の毛にとっては大きな痛手と言えますよね。

出産という大きな仕事を終えた後には、更に大きな子育てという役目があります。その役目を楽しく過ごしていくためにはご自身の悩みを一つでも少なくしておきたいところです。

髪の毛の悩みは女性にとっては死活問題です。赤ちゃんのためにも綺麗で可愛いママで居たいですからね。

栄養分の補給にはバランスの取れた食事の他には、この後で紹介しているサプリメントがオススメです。サプリメントは食事で補いきれない栄養分を補給することが出来ます。

原因その3|産後ダイエットとの関係性について

次の原因ですが、全てのママさんに当てはまるものではありませんが産後のダイエットが原因というケースもあります。

出産太りを解消するための急激な産後ダイエットを行う女性も居ますが、これは身体にとっては悲鳴を上げる行為になってしまいます。ただでさえ栄養分が不足しがちなママさんです。よりによって急激なダイエットを行えば更に栄養分が不足してしまうのは明らかですよね。

もちろん、産後ダイエットを行うというのは身体の状態を元に戻す意味でも大切なことです。ただし、急激に体重を減らすようなやり方はオススメできません。

もし体重を減らしたいというのであれば、1ヶ月で減らす体重はご自身の今の体重の5%以内にしておきましょう。50キロであればマイナス2.5キロまでが許容範囲内です。

これ以上減らしてしまうと急激なダイエットになってしまう可能性があります。

また、ご自身の適切な体重も把握しておきましょう。そもそもこれまでの体重が軽すぎていた可能性もあります。

産後ダイエットに関しては、産後にダイエットし始めてから抜け毛が増えてしまうケースですから過度なダイエットをしなければ問題ないケースもあるかもしれません。

抜け毛が増えている状態でのダイエットは更に髪の毛の状態を悪くしてしまうケースも考えられますので注意が必要です。

対策その1|生活習慣を見直して改善する!

対策の一つ目として、生活習慣の見直しで改善を図りましょう。生活習慣の改善無くして髪の毛の悩みの改善もありません。と言えるくらい大切な要素の一つです。

生活習慣には、食生活、睡眠、運動などがあります。

まず食生活ですが、一番心がけるべきことはバランスの取れた和食がオススメです。基本的には日本人ですので和食が身体に最もフィットしている食事と言えます。

髪の毛の素となるタンパク質を中心に、ミネラルやビタミン、抗酸化成分を摂取するのが良いでしょう。

次に大切なのは睡眠です。ママさんですから育児に大忙しで、睡眠時間をしっかりとキープするのが難しいのではないでしょうか。寝れたと思ってもすぐに起こされてしまったり、睡眠の質自体が落ちてしまっているのが一番の原因です。

睡眠時間はゴールデンタイムと言われている午後10時から午前2時までは最近ではあまり重要ではないそうです。それよりも睡眠後の最初の1時間半の質が重要になってきているそうです。

ここで起こされてしまったりすると質が落ちてしまい、成長ホルモンの分泌も落ちてしまいます。髪の毛だけでなくお肌などにも悪影響を与えてしまうので美容的にも良くありません。

正直、睡眠についてはママさんは我慢する必要があるところではあります。出来る限り、ご主人にも手伝ってもらい睡眠の質を高めるようにしていってください。

 

運動についてですが、運動は赤ちゃんと一緒に行えるのが良いでしょう。例えば、赤ちゃんと行うヨガなんかが良いかもしれませんね。じわっと汗もかけますし血行促進効果も期待できます。

その他には室内で出来る有酸素運動がオススメです。特にエアロバイクでしたら、赤ちゃんを横に寝かせておきながらでも出来ますのでオススメです。私も実際に産後の運動には外出しなくても良いエアロバイクを使って運動をしていました。

毎日はしていませんでしたけど、1回30分を週3回くらいは行うようにしていました。これで産後太りに予防にもなってしましたので良かったですね。

最後に、女性ホルモンの分泌のところでもご紹介しましたが大豆イソフラボンの摂取がオススメです。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た作用があると言われています。

以前は、大豆イソフラボンを摂取すればエストロゲンの働きの代わりとなると言われていました。ですが、実際には大豆イソフラボンを摂取しただけではエストロゲンの働きをしてくれるとは限らないようです。

大豆イソフラボンを摂取したあとに腸内細菌と融合して「エクオール」と呼ばれる物質に変化。このエクオールがエストロゲンに似た働きをしてくれるのですが、全ての人がエクオールを生成できる訳ではないそうです。

エクオールを生成できる人は、日本人では約半数の人しか出来ないとの事です。生成できない人にとっては大豆イソフラボンは大豆イソフラボンでしか無いのでエストロゲンの働きは無いそうです。

エクオールを生成できるかは検査キットを使えば可能だそうですが、エクオールのサプリメントも出ています。エクオールのサプリメントの摂取に関しては、授乳中であれば主治医に確認してからの方が良いでしょう。

とは言っても、エクオールのサプリメントを摂取したからと言って重篤な副作用が報告されている訳ではないです。

もちろん、エクオールを生成できる場合には大豆イソフラボンでもOKです。大豆イソフラボンの摂取なら無調整の豆乳がオススメですね。大豆イソフラボンだけでなく身体に必要な栄養分が配合されているので実はサプリメントクラスに良い飲み物です。

ただし無調整の豆乳は飲みにくいので、調整済や麦芽コーヒータイプのものでも良いと考えています。私は我慢して無調整の豆乳にしていましたが、飲みづらかったですね。

対策その2|サプリメントで栄養分を補給して改善する!

食事のところでもお伝えしていますが、栄養分は髪の毛にとっても大切になります。食事に気をつけられる人は食事だけでも良いのですが、多くの方が忙しくしたり好きなものを食べがちになるので難しいと思います。

そこでオススメしたいのがサプリメントです。

食事だけで補えない部分をサプリメント使ってカバーしていく方法です。ただし、ビタミン、ミネラル、亜鉛・・・このように色々なサプリメントを摂取するとなると金額的にも大変ですし、摂取するのも大変です。

継続的に服用していくのが困難になってしまいます。

そこでオススメなのは育毛サプリメントと言われるものです。育毛サプリメントは髪の毛に大切な成分だけを詰め込んでいますので、多くても一日に3粒程度の摂取でOKだから手軽に続けることが出来るのが特徴です。

また色々なサプリメントを買い足したりしなくてよいので、金銭的にもお徳になります。

産後というナイーブな時期でも安心して摂取できるサプリメントはこちらの、マイナチュレ育毛サプリメントです。マイナチュレ製品は産後脱毛にも使える育毛剤やシャンプーを始め、サプリメントもあります。

>>マイナチュレサプリメント

また、最近話題の葉酸サプリもオススメですね!葉酸と言えば妊娠前から妊娠中、授乳中まで幅広く必要とされる栄養分です。葉酸を摂取する必要性としては、ホルモンバランスを調整したり、お腹の中の胎児の成長を補助したりする栄養素として知られるようになりました。

授乳中にも母乳の場合には、赤ちゃんに栄養分が流れていきますので葉酸を摂取することで赤ちゃんの発育の補助になるとも言われています。

また葉酸には細胞分裂を促す効果があると言われていますので、出産によって傷ついた身体のダメージから回復させる効果も期待できます。

そんな葉酸がなぜ産後抜け毛に必要なのかですが、実は葉酸を摂取することで髪の毛の素となるタンパク質を生成しやすくなるのです。また血の巡りもスムーズになることから栄養が髪の毛に届きやすくなるというメリットもあります。

実際には、赤ちゃんの事を一番に考えた場合に葉酸の摂取は必須と言えます。ただし、ママさんにとって葉酸は色々な面で手助けしてくれる栄養素だったんです。

残念ながら、私の時代には葉酸という栄養素に注目が集まっていませんでしたの摂取できませんでした。今の時代であれば葉酸と言っても食事からだけでなくサプリメントとして摂取出来る時代です。

育毛サプリメントと葉酸サプリメントの両方を摂取するのは金銭的にも厳しい面もあります。どちらか一方のサプリメントを摂取するだけでも効果が期待できるのではないでしょうか。

※サプリメントの摂取について不安がある場合には、必ず主治医に相談されることをオススメします。

抜け毛の対策その3|シャンプーを使って頭皮環境を改善する!

シャンプーを使って産後の抜け毛をどうにかしようと考えている人は多いのではないでしょうか。シャンプーをすることで頭皮を綺麗な状態にして、髪の毛が生えやすい環境を作ることを主としています。

例えば、毛穴に皮脂が詰まった状態だと髪の毛が成長しづらくなります。また、毛穴が詰まっていると育毛剤などを塗布しても吸収されずらくなってしまいます。

シャンプーを行うことで綺麗な頭皮になったという安心感も効果効能としてあると私は思っています。

基本的にはシャンプーに使われている有効成分についてはあまりこだわる必要はないと思います。シャンプー自体は洗い流してしまいますから、髪の毛に直接影響を与えるものではありません。

髪のキューティクルを再生するためにシャンプーやトリートメントでどうにかしようとしても、元に戻りません。これは、髪の毛自体が傷んでしまっているので根元から改善しないといけないからです。

そういった場合と同じで、シャンプーを使ったとしても髪の毛自体を綺麗にしたり、育毛を促進させるといった働きはあまり期待しない方がいいかもしれませんね。

それよりも、シャンプーに入っている添加物の種類だとか、肌に悪くない天然成分やエキスが使われているといったところの方が大切ですね。

一番はシャンプーによって頭皮を傷つけてしまわないことです。せっかくシャンプーをしているのに頭皮が傷ついてしまって、痒みが出たり湿疹が出来てしまって髪の毛が育ちづらくなっては意味がありませんよね?

育毛には直接関係が無いシャンプーですから、あくまでも頭皮に優しいものを使うべきです。

市販で販売されているようなシャンプーですと、添加物も多く化学物質だらけのものが多々見受けられます。10万個とも言われている毛穴から化学物質を体内に吸収するのは良くありませんよね。

またシャンプーには2つのデメリットがあります。

1つ目が、シャンプーはしっかりと洗い流さないと頭皮に留まることで毛穴を詰まらせてしまうことがあります。

2つ目が、シャンプーのやり過ぎによって皮脂の分泌量が増えてしまうことです。シャンプーで皮脂を落としことが出来るのですが、必要以上の洗浄力で皮脂を落とすことで身体が皮脂を沢山生成しようとします。

この繰り返しによって頭皮が皮脂でべたつくようになるケースもあります。

私がオススメしたいシャンプーは、前述した育毛サプリメントを製造しているマイナチュレという製品のシャンプーです。このシャンプーは髪の毛や頭皮のことを一番に考えたシャンプーで、アミノ酸系ですから頭皮や髪の毛を傷付ける可能性が低いタイプになっています。

もちろん、シャンプーを使わずにぬるま湯だけを使って汚れを洗い流すケースもあります。また、最近では海外セレブの間では3日に1回程度の洗髪が綺麗な髪の毛の状態をキープするのに良いとされていて、毎日洗わないそうです。

気分的は毎日洗いたい方も居るかもしれませんが、夏場でなければ3日に1回程度でも特に問題はありません。もちろん、洗わないで痒みが強く出てしまう人などは洗ったほうがトータル的には良いケースもあります。

抜け毛の対策その4|女性用育毛剤を使って育毛を促進させる!

育毛剤のメリットとしては、育毛に効果的な成分やエキスを配合したものを頭皮から直に髪の毛の素となる毛乳頭に届けることが出来る点なんです。

一番近い頭皮に塗ることで、それらの成分を届けやすくしてくれます。

前述したサプリメントの摂取の場合には、たしかに口から飲み込んでいるので体内に入ってはいるんですけど、それが頭皮まで運ばれているかは不明です。頭皮自体は血管の中でも末端ですからしっかりとそこまで栄養が届けられているかは分かりません。

その点、育毛剤は直接頭皮に塗れるのでほぼ確実に毛乳頭まで有効成分が届いてくれているはずです。

もちろん、頭皮自体の血行はあまり良いとは言えませんので育毛剤の塗布と同時に頭皮マッサージをすることが肝心です。頭皮マッサージをすることで血行促進効果もありますし、頭皮の皮膚が柔らかくなり髪の毛が育ちやすくなります。

ツルツルにハゲたおじさんの頭皮ってかなり硬いイメージありますよね?

頭皮が硬くなってしまうことも育毛には良くありませんので、頭皮マッサージをプラスすることが大切です。また頭皮のケアを行うことで顔の肌の張りも良くなります。スキンケア対策にもなりますから美容効果も高まります。

産後抜け毛で薄毛になってしまい、分け目が目立ったり頭頂部が薄くなったりして部分ウィッグをするケースがあります。全く悪いことではないのですが、ウィッグに頼りきりになると根本的に良くしようという気持ちが薄れてしまいます。

また、ウィッグが無いと恥ずかしくて外出出来なくなるケースもあったりします。ウィッグをするにしても根本的な解決は目指していきましょう。

あかねんの記事まとめ

産後の抜け毛については、妊娠中からケアしていく事が大切になります。もし産後抜け毛になってしまっても焦らずに、お伝えした対策でしっかりケアしていきましょう。

髪の毛も大切ですが、最も大切なのはお子さんのケアです。お子さんに支障をきたさない範囲で、進めていくことが大切です。

簡単にケアできる育毛剤は、そういった点でおすすめです。妊娠中や産後授乳中でも使用できるのは、医薬部外品や化粧品タイプのものになります。

そちらを使って、頭皮ケアに努めてみてください☆彡

Q&A
ヘアサイクルと抜け毛は関係していますか?

産後の抜け毛が増えてしまう原因を紹介してきましたが、全てに繋がるのは「ヘアサイクルの乱れ」からくるものです。ヘアサイクルというのは、髪の毛の成長から抜け落ちるまでの周期のことです。

正常な状態の場合には、このヘアサイクルは一定期間を繰り返しますので安定した頭皮状態が保てます。

ただ、抜け落ちるサイクルが早くなったり、成長せずに抜け落ちるようになるとヘアサイクルが乱れてしまっている証拠です。産後抜け毛もその一つと言えますのでヘアサイクルが乱れてしまっています。

前述したような原因の他にも、頭皮の血行不良だったり、子育てによるストレスからくるものだったりがあります。ヘアサイクルが乱れると抜け毛が増えるだけでなく、頭皮が乾燥しやすくなったりと悪いことが多くなります。

ですから、ヘアサイクルを正常に戻すという事を考えていかないと産後抜け毛を改善することは難しいとも言えます。

産後の抜け毛はいつからいつまで続くものなのか?

始まってしまった産後の抜け毛は一体いつからいつまで続くものなのでしょうか?実は期間は決まっていなくて、1年で止まる人もいれば、2年経っても産後抜け毛が継続してしまっている人もいるんですよね。

一般的には、6ヶ月から1年程度で症状は落ち着くと言われています。

実際には、産前からしっかりとヘアケアを行って予防をしておくと症状も軽くて済むケースもあるようです。もちろん、何もしなくても産後抜け毛を経験しない方も半数以上は居られるというデータもあります。

産後抜け毛になってしまったものはどうしようもありません。一番大切なことは長期化させないことですよね?

まずは産後抜け毛になってしまう原因を探って、しっかりとした対策を行い改善させていきましょう。原因を知っておくことで効果的な対策が行えますね。


関連記事


ランキング

  1. No.1ベルタ育毛剤

  2. No.2マイナチュレ

  3. No.3ミューノアージュ


おすすめ記事

管理人のあかねんです☆彡

こんにちは、あかねんです☆彡20代から薄毛を経験してきた中で、様々な育毛剤を使ったり自分なりに調べてきました。その数は100種類以上になります。

そんな私が、女性の薄毛や抜け毛の悩みを解決するために必要な情報を記事にしてまとめています。


育毛剤に関しては、私のサイトが1番!という自信だけは無駄に持っています(^^)


女性が育毛剤を使う時代だからこそ、人気や口コミだけで選ぶのではなく、中身をしっかりと見て選んでいくことが大切です。育毛剤マニアのあかねんが情報発信する当サイトを末永く宜しくお願いします\(^o^)/

以上、簡単なあかねんプロフィールでした。

詳細はこちら⇒詳しいプロフィール

おすすめ記事

  1. 女性必見!育毛剤基礎知識集

  2. 育毛剤を始めようか迷っている女性へ!Q&A5選

  3. Q&A

    女性が育毛剤に感じるQ&Aまとめ記事