公開日: 最終更新日:

失敗しない女性用育毛剤の選び方

女性の薄毛原因は様々!抜け毛や薄毛対策に使う育毛剤の選び方を紹介します。

こんにちは、あかねんです☆彡現代社会では、女性の抜け毛や薄毛と言った髪の毛や頭皮トラブルに見舞われる機会が急増しています。

実は、自分だけが抜け毛や薄毛の悩みを抱えているのか心配していらっしゃるかもしれませんね。周りの女性でも同じように髪や頭皮トラブルに悩んでいる人は多いんです。

女性の薄毛には様々な原因が考えられています。

  • ホルモンバランスの乱れ。
  • 加齢によるびまん性脱毛症。
  • 同じ髪型を続けた牽引性脱毛症。
  • シャンプーの成分による乾燥やかゆみ。
  • 食生活や睡眠のクオリティー低下など生活習慣の乱れ。
  • 社会進出による過度なストレス。

男性の薄毛とは違って、女性の薄毛原因は多岐にわたりますが、最も考えられる原因は「ホルモンバランス」の影響です。25歳ごろをピークに、女性ホルモンのエストロゲン分泌量が減少し始めます。

女性ホルモンの分泌量が減ると、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。これによって、男性ホルモンの影響も受けやすい身体になっていくので、脱毛しやすくなっていきます。

女性ホルモンは20代半ばにピークが訪れ、30代で徐々に減少、40代になると一気に少なくなってきます。

卵巣機能の低下とともに女性ホルモンが分泌されにくくなって、自律神経が頑張ってホルモンを出そうと命令しても、追いつかなくなるためです。

そうなると、抜け毛や薄毛をはじめとしたトラブルが起こってきます。

体の変化を理解して、ストレスがかかりにくい生活へと変えていく必要があります。

女性ホルモンのピークはいつ?。より引用

ワンポイント:抜け毛など薄毛の原因となるのには、様々な理由があるとお話しましたが、根本的な原因はヘアサイクルが狂ってしまう事です。

ヘアサイクルは毛周期とも呼ばれて、ある一定の周期で髪が成長⇒抜ける⇒生える、を繰り返します。このヘアサイクル中に活発な細胞分裂が必要になります。細胞分裂無くして、髪の毛無し!と私は勝手に言っています。

細胞分裂に必要なことが、栄養です。栄養を毛乳頭、毛母細胞に補給することで細胞分裂が活発になって新しい髪が成長していきます。

以上のように、一般的な流れとして、薄毛の悩みが出てくると、育毛剤を使用するがベストな選択肢と言えます。ダイレクトに育毛剤の栄養を頭皮や細胞に届ける事が出来るからです!

以前は、男性が育毛剤を使用するのが普通でしたが、今では女性が育毛剤を使う時代になりました。

そこで、育毛剤をスタートさせるべき!ではありますが、実際に育毛剤と言っても、世の中には100種類以上の育毛剤が存在しています。その中から、自分に合う育毛剤をどのように選べば良いのか?分からない方が殆どではないでしょうか。

テレビや雑誌を参考にしたり、口コミレビューを参考にしたりして購入する方もいらっしゃると思います。

実際に、どのような基準で育毛剤の選べば良いのか?詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてもらって、より良い育毛剤を手にしてください。

育毛剤の選び方|ポイント1:副作用の大小から選ぶ。

医者

ポイント1として、副作用の大小から選ぶ方法を提案したます。育毛剤には大きく分けて、医薬品と医薬部外品、そして化粧品タイプの3種類があります。それぞれに、メリットとデメリットがあるのですが、特に副作用問題に注目したいと思います。

  • 医薬品タイプ

医薬品とは主に治療用で使用される、医師や薬剤師が処方する薬になります。こういった薬の場合、医療目的で使われるものになるので、「効果がある」と言えます。

日本国内ですと、一般的なもので大正製薬から販売されている「リアップ」シリーズが有名です。

リアップでは、ミノキシジルという有効成分が配合されています。このミノキシジルは人体に対して強く作用させて、発毛を促進させていきます。実際に、発毛効果がある成分ですから髪の毛を生やすパワーを持っています。

医薬品として厚生労働省から認可されていますので、人体に作用させていきます。強く作用させるので、副作用の心配も高いと言えます。100%副作用が出ると言う事ではありませんが、出る可能性を持っていると言えます。

副作用には、心疾患、内臓疾患、倦怠感、頭痛、勢力減退と言ったものがあると言われています。私はミノキシジルを配合した医薬品を使用した事が無いのですが、怖い印象を持っています。

  • 医薬部外品タイプ

医薬部外品に分類される育毛剤は、医薬品のような強い発毛効果は期待できません。理由は、人体に作用する緩和な成分を配合しているだけなので、直接的な発毛効果が無いからです。

あくまでも、医薬部外品では有効成分を一定量以上配合しているだけになってしまいます。どちらかと言えば、発毛効果よりも、今生えている髪の毛を育てていくタイプです。治療用ではなく予防目的で医薬部外品タイプが特におすすめになります。

医薬部外品は医薬品のように確実性のある効果が有るとは言えません。

ただし、副作用の観点から考えると、医薬部外品は人体に対する作用が緩いので心配が少ないと言えます。実際に、医薬部外品の育毛剤を使って起こる副作用と言えば、「頭皮が痒い」「赤みが出た」「肌に合わない」と言った所ではないでしょうか。

私は副作用の心配もあり、医薬部外品タイプの育毛剤を使用しています。これまで医薬部外品を使って、大きな副作用が出た経験は私自身はありません。

  • 化粧品タイプ

化粧品に分類されるものは、育毛剤とは呼ばずに「スカルプエッセンス」などと言います。化粧品の場合、有効成分を一定量配合しているタイプではありません。厚生労働省から認可を受けていないので、育毛剤という扱いになりません。

ですから、医薬品や医薬部外品と違って化粧品は効果効能が謳えません。効果効能が謳えるのは、認可された育毛剤だけになってしまいます。

もちろん、厚生労働省の認可が無いからと言って、効果が期待できない訳ではありません。実際に、女性であれば化粧品を使用しているので分かると思います。

化粧品は、「毛髪を健やかにキープする」のが主な目的です。有効成分という形では配合されていませんが、医薬部外品に使用している成分などを使って商品化しています。

化粧品タイプを使用される場合、完全に薄毛が進行してしまった状態よりもしっかりと予防する目的で、使用されると効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

化粧品タイプの頭皮エッセンスで最もおすすめな1本はこちらになります。副作用は医薬部外品同様に、少ないと言えます。

ご自身で、医薬部外品や化粧品について詳しく調査してみたい!という方は、こちらの「リサーチ・ナビ 国立国会図書館」より、調べてみてください。

 

ワンポイント:私はおすすめしたい順は「医薬部外品」>「化粧品」>「医薬品」の順です。医薬品は副作用の危険が大きいので、1番避けたい育毛剤です。

化粧品は医薬部外品と比較して、少し見劣りしてしまう面があるので、医薬部外品が最もおすすめしたい育毛剤タイプになります。

育毛剤の選び方|ポイント2:成分・エキスの配合から選ぶ。

医師

ポイント2でも、医薬品と医薬部外品、そして化粧品に分けて、配合されている成分やエキスに注目した選び方を紹介していきます。

  • 医薬品はミノキシジルの濃度が肝!

医薬品の場合には「ミノキシジル」がポイントで、ミノキシジルの濃度によって女性が使えるかどうかが決まっています。リアップのを例に取ると、男性用が「ミノキシジル濃度5%」です。

女性用は「ミノキシジル濃度1%」になっていて、このミノキシジル濃度が女性にとっては重要です!

間違って男性用を使用した場合には、副作用の危険性が高まります。ですから、絶対に男性用は使用しないように注意してください。

また、市販購入もすることが出来る医薬品タイプの育毛剤ですが、私自身は副作用の観点からおすすめしていません。

もし治療目的で医薬品を使いたいと思っているなら、専門医に相談してからが断然良いと思います。女性の場合には色々と体がデリケートですから、男性よりも細かい部分に注意してもらいたい所です。

特に妊娠中や授乳中には、安易に医薬品を使うのは大変危険ですから注意して欲しいですね。

ワンポイント:医薬品の育毛剤では、発毛効果が認められた成分が使用されています。発毛効果のある成分がミノキシジルです。ミノキシジルは血流の促進作用があるだけで、栄養はありません。

ミノキシジルの配合したリアップリジェンヌなどでは、栄養成分や頭皮の皮脂の酸化防止成分なども配合されています。

  • 医薬品部外品は添加物や成分濃度が肝!

医薬部外品の場合には、ミノキシジルのような危険成分は基本的には入っていません。基本的に、と言うのは表示が正しくされていればという話です。

医薬部外品の成分で注目したいのは、添加物の量や成分濃度になります。

成分には、血行促進や保湿作用などがある天然成分を配合したりしています。こういった成分は、どの育毛剤でも使われているのでそこだけでは判断がしにくいです。

それよりも、成分濃度が薄くないか、添加物は多く入っていないか、といった所に注目してみて行きましょう。

バランス良く配合されている事も大切で、水などで薄くなっている育毛剤も存在しているようです。こればかりは実際にメーカーに問い合わせても配合量は教えてくれませんので、あくまでも推測の域です。

添加物については、どういった種類の添加物を使っていないのか?を明確に記載している育毛剤は、まだ信用出来ると思います。全く、添加物について記載されていない育毛剤と言うのは、個人的見解としては「怪しい」の一言です。

特に、香料については一般的に使用している育毛剤が多いですが、あまり必要としません。香料も添加物の一つになるので頭皮に対して刺激となる可能性があります。女性の頭皮は特に敏感なので、ちょっとした添加物でも刺激になる事が考えられます。

医薬部外品に関しては効果効能の記載はありますが、実際の効果についてはかなり幅があると考えています。使ってみて、ご自身が効果を実感出来るかどうかにかかっています。

そういった中で、少しでも回り道をしないで良い育毛剤を手にするためには、添加物や成分濃度に着目するのがおすすめと言う訳です。

ワンポイント:医薬部外品の育毛剤では、血行促進、発毛促進、抗菌作用、抗酸化作用、抗男性ホルモン作用などを持った成分を配合しています。

これらは、あくまでも成分が持っている効果なので、直接的に効果があると言い切れません。ミノキシジルのようにな有効成分は医学的に効果が認められているので、効果あり!と謳えます。

  • 化粧品は独自成分に期待!

化粧品は、どちらかというと医薬部外品に近いタイプです。成分としても、医薬部外品で使っている有効成分を使用していますが、認可を受けられるほど配合はされていません。

化粧品では、独自成分を使っているものが多いです。独自成分で特許などを取得して、その独自成分をメインにして商品化していきます。

ですから、独自成分でどれだけ効果を発揮してくれるか、が決まると言っても言い過ぎではありません。

ワンポイント:ただし、独自成分はあくまでも厚生労働省から医薬部外品として認可を受けられる成分ではありません。このあたりを信用出来ない人は化粧品を使用するのは止めた方が良いでしょう。

育毛剤の選び方|ポイント3:全額返金保証付きから選ぶ。

お金

全額返金保証付きとは、商品を使った後でも商品代金を返金してくれるシステムになります。使用感を確認する上では最適なんですよね!

一般的には、数日以内で製品に不備が見つかった場合には返金や商品の交換などが出来る保証は付いています。または、無理矢理に契約を結ばされた時に、契約をこちらから一方的に解除できるクーリングオフなどがあります。

これとは違い、全額返金保証は製品そのものをじっくりと使用して、効果を実感出来なかったり、使用感が合わなかったりした場合に、商品購入代金が返金される保証になります。

この全額返金保証が付いていると、3ヵ月みっちり使用した後でも返金可能だったりするので、かなりお徳になります。万が一のことを考えると、やはり全額返金保証は重要だと分析しています。

基本として、こういった全額返金保証システムは市販ものにはまず付いていません。不特定多数の人が手に取れるので、全額返金保証を悪用されるケースが出てくるからだと思います。

全額返金保証付きは、私が知る限りでは通販限定商品だけに付いているシステムだと、理解しています。

ワンポイント:返金保証付きを選ぶ際に気をつけて欲しいのが、定期コースです。定期コースに入会すると保証が付いてくる育毛剤が多いのですが、注文回数の縛りが発生するものがあります。3回の継続、6回の継続などです。

比較的、価格が安くなる定期コースですから注文しやすい面はありますが、縛りがある事を知らずに入ってしまうケースもあります。初回限定価格などで販売されている場合でも、定期コースの縛りについては確認しておきましょう。

おすすめ育毛剤の紹介!

女性用育毛剤で上記の条件を満たす、おすすめ品を紹介しています。当サイトのTOPページ(女性用育毛剤)を参考にしてみてください。

100種類以上の育毛剤を調査した中から、厳選した育毛剤だけを紹介しています。

Q&A

頭皮やヘアケアは美容効果があると聞いた事があります。どういった効果があるのでしょうか?

頭皮と顔の皮膚は一枚で繋がっていますので、育毛剤を使ってケアすることで顔のたるみやむくみを改善予防できる可能性があります。

ご存知ない女性は、顔には美容液や化粧水を使ってしっかりとケアするのですが、頭皮は全くケアしない方が居られます。こういった方は、頭皮ケアをすることで気になる顔のたるみやむくみが改善される可能性があります。

頭皮の環境と、顔の環境は殆ど変わりません。髪の毛が生えているか、だけで敏感で影響を受けやすい皮膚です。育毛剤でしっかりとケアする事は美容効果を高める事に繋がる可能性があるので、積極的に活用しましょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=AYBua2XpX_0

私は20代ですが、年代によって育毛剤の選び方は変わりますか?

個人的には、10代、20代、30代、40代、50代などの年代で使う育毛剤が変わるとは考えていません。例えば、薄毛治療の病院で処方してもらう薬が、年代で分かれているなんて事はありません。

個人個人に合ったもの、もしくは女性が使えるものを処方しているに過ぎません。

あえて年代別に分けるとすれば、更年期までと、更年期以降くらいではないでしょうか。更年期以降ですと女性特有のびまん性脱毛症になるケースが増えてきます。

この場合には、選び育毛剤を少し吟味する必要が出てきますが、それ以外はあまり関係ありません。29歳と30歳で選ぶ育毛剤が違うなんてナンセンスだと思いませんか?

と言うことで、あかねんの見解は「年代別に使用する育毛剤が大きく変わる事は無い」というのが答えになります。

フケが多くて気になっていますが、どういった育毛剤が効果的なのでしょうか?

基本的には、医薬部外品の育毛剤の効果効能に「フケの予防」というものが含まれています。これは、フケ予防に効果がある成分を使っているからです。

ですから、大抵の育毛剤でフケの予防効果が期待できます。

育毛剤を使ってもフケが止まらない場合には、何かしらの病気の可能性が高いと言えます。例えば、アトピー性皮膚炎だったり、脂漏性皮膚炎だったり。この場合には、育毛剤だけでは抑えることは出来ません。

育毛剤はフケの予防効果があると言っても、メインは育毛発毛です。フケを抑える意味だけで育毛剤を使うのでしたら、まずは使用されているシャンプーを見直しましょう。

シャンプーと言っても育毛シャンプーと呼ばれるものを使う必要はありません。私がおすすめしているので、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーに変えてみて、しばらく様子を見てください。

それでもよくならない場合には、育毛剤を併用したり、病院へ行ってもみるのが得策です。

アミノ酸系シャンプーについては、こちらの(女性育毛剤シャンプー)の記事で書いていますので、参考にしてください。

あかねんの記事まとめ

育毛剤を正しく選んで使っていけば、あなたが望む姿に変えられたり、キープすることも不可能ではありません。今回お伝えした育毛剤の選び方は、私が数多くの育毛剤を調査して個人的に重要だと感じたポイントを紹介してきました。

この他にも、購入した後の育毛剤の使い方も重要になります。育毛剤の使い方については(女性用育毛剤の効果的な使い方・使用方法)で詳しく解説していますので、チェックしておいてください。

どういった育毛剤を選んでも、万能薬で100点満点なんてものは存在しません。私が当サイトで紹介している育毛剤も、合わない人には合わないと思います。

そういった場合でも、全額返金保証が付いていれば安心ですよね?

まず育毛剤の選び方が分からない人は、こちらで紹介している全額返金保証が付いている育毛剤から選ばれると良いのではないでしょうか。

最後までありがとうございました☆彡

関連記事>>>女性用育毛剤のお試し品やモニター品はありますか?

関連記事>>>女性用育毛剤でスプレータイプのおすすめ品は?

関連記事>>>女性用育毛剤で確実に毛が生える発毛効果ってありますか?

 



ランキング

  1. No.1ベルタ育毛剤

  2. No.2マイナチュレ

  3. No.3ミューノアージュ


おすすめ記事

管理人のあかねんです☆彡

こんにちは、あかねんです☆彡20代から薄毛を経験してきた中で、様々な育毛剤を使ったり自分なりに調べてきました。その数は100種類以上になります。

そんな私が、女性の薄毛や抜け毛の悩みを解決するために必要な情報を記事にしてまとめています。


育毛剤に関しては、私のサイトが1番!という自信だけは無駄に持っています(^^)


女性が育毛剤を使う時代だからこそ、人気や口コミだけで選ぶのではなく、中身をしっかりと見て選んでいくことが大切です。育毛剤マニアのあかねんが情報発信する当サイトを末永く宜しくお願いします\(^o^)/

以上、簡単なあかねんプロフィールでした。

詳細はこちら⇒詳しいプロフィール

おすすめ記事

  1. 女性必見!育毛剤基礎知識集

  2. 育毛剤を始めようか迷っている女性へ!Q&A5選

  3. Q&A

    女性が育毛剤に感じるQ&Aまとめ記事