公開日: 最終更新日:

分け目が薄い!女性の原因とおすすめ対策術!

髪の分け目が薄い女性はハゲて見える!見た目年齢もアップ

分け目 ハゲ

こんにちは、あかねんです☆彡女性の薄毛で髪の分け目が薄くなりハゲて見えるのは、見た目年齢をグッと上げてしまいます。20代が30代に見られてたり、30代が40代に見られたりと女性にとってマイナス点しかありません。

薄毛のタイプは人それぞれで、自分の薄毛パターンが「分け目」に症状が出たタイプなのです。人によって違いがあるので、「前髪や生え際」「つむじあたりの頭頂部」「側頭部」などハゲ方が変わってきます。

女性の薄毛では、びまん性脱毛症が最も多い薄毛と言われています。びまん性脱毛症については、こちらの「びまん性脱毛症の女性は育毛剤か病院での専門治療がおすすめ!」を参考にして頂きたいのですが、局所的にハゲるのではなくて、頭皮全体が薄っすらとなるハゲ方です。

1本1本の髪の毛が細い状態になるので、ボリュームもダウンしてしまいますよね。

この脱毛症は、主に40代以降の女性に多いハゲ方で、女性ホルモンが最も影響していると言われています。

分け目が薄いだけでしたら、まだまだ改善の余地はあります。適切な薄毛対策を取ることで、改善する可能性が高まります。

 
では、あなたの分け目が薄くなってしまった原因、悪化を招いてしまった原因はなんでしょうか?

これから紹介する原因で、ご自分に当てはまる項目があれば改善、対策を行っていきましょう!それだけでも、髪の分け目が薄くなっている状態を解消できる可能性が出てきます。

ワンポイントレッスン:脱毛が増えたり、髪の毛が細くなって毛量がダウンするのには原因があります。それは、「ヘアサイクルの乱れ」です。ヘアサイクルとは毛周期とも呼ばれ、髪の毛が「成長⇒退行⇒休止」を繰り返すヘアサイクルの事です。

ヘアサイクルが正常ですと、髪の毛はしっかり成長した後で、退行期や休止期に入り脱毛します。ですが、ヘアサイクルが乱れていると、十分に髪の毛が成長せずに脱毛してしまいます。

こういった乱れが出ると、成長期の髪の毛が少なくなり、脱毛が増えたり、毛量ダウンに繋がります。結果的に、分け目から地肌が見えて、薄くハゲた状態になってしまうのです。

それでは、あなたのヘアサイクルが乱れている原因を探っていきましょう!その後、4つの育毛対策もご紹介していますので、参考にして悩みを解消していってください。

ちなみに、当サイトの育毛ケア・頭皮ケアで最もおすすめしているアイテムが「女性用育毛剤」です。女性が使用できる育毛剤の事で、育毛剤には栄養補給できるメリットがあります。

シャンプーやサプリメントと言う育毛対策もありますが、最も育毛剤が効果的に薄毛の悩みを改善予防してくれます。迷った時は、女性用育毛剤の使用からスタートさせてみてください。

育毛剤選びが全く分かりません!(汗)という人は、こちらの女性向け育毛剤の中から選んでみてください☆彡

>>育毛剤選びに迷った人におすすめの育毛剤はこちら

①ホルモンバランスの乱れが原因

女性ホルモン分泌量

女性はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンによって、女性らしい身体をキープしています。加齢とともに、女性らしさが徐々に失われていくのは何故かご存知でしょうか?

それは、女性ホルモンの分泌量が関係しています。

女性ホルモンは卵巣から分泌されています。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(プロゲステロン)の2つが有りますが、分泌量は20代半ばあたりをピークに、徐々に減少していってしまいます。※個人差はあります。

30代に入ると、女性ホルモンの分泌ピーク期を完全に越えてしまい、ホルモンバランスが崩れてきます。女性特有の体つきが徐々に失われていきます。

女性ホルモンは、女性らしい身体を作るために分泌されていますが、髪の毛も入っています。分泌量が少なくなるとともに、髪の毛のハリ・コシが低下したり、乾燥してパサパサしやすくなったりします。

髪の毛が細くなってしまい、全体的に髪の毛のボリュームがダウンしたと感じるようにもなるのもこのためです。ボリュームが無くなってくると、分け目の地肌も目立ち始め、本格的にハゲてきたように見えてしまいますね。

また、更年期障害による影響も考えられます。近年では更年期の低年齢化が進んでいるとも言われていて、20代や30代でも更年期障害と同じような症状が出る場合があるとされています。

更年期障害による薄毛や抜け毛の増加も、女性ホルモンの分泌量と関係性があると言われていますね。

このように、女性ホルモンと薄毛には十分すぎるくらい関係があると言えます。加齢とともに、女性ホルモンの分泌量は少なくなりますので、10代や20代と同じようなヘアケアでは十分な対策とは言えなくなってしまいます。

人によっては、20代半ばではなく早くから分泌量ピークが来てしまう場合もあります。個人差はありますので、若いからと言って安心しないでください。分け目が薄くなってきているのは、薄毛のサインかもしれません。

ワンポイントレッスン:ホルモンバランスを乱すピルの服用について
避妊を目的としてピルを服用される女性がいらっしゃいます。実は、ピルの服用が、薄毛を助長してしまう可能性があったりします。

ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を増やす作用があると言われています。エストロゲンが増えれば女性ホルモンも活発になるので、脱毛などは少なくなる傾向にあります。

ただし、ピルの服用を中止した時、ホルモンバランスが乱れてしまうことで、一気に髪が抜け落ちるケースが考えられます。

ピルの服用中に薄毛が進行するパターンは稀ですが、男性ホルモンがピルによって抑制されることで起こる場合もあると言われています。ピルの使用は慎重に考えたいところです。

②慢性的なヘアスタイル(牽引性脱毛症)が原因

ヘアスタイル

ヘアスタイルがいつも同じ分け目になっている場合、確実に分け目に対して負荷が掛かっています。

同じ髪型を続けることで、分け目に負荷がかかり続け頭皮へのダメージも受けやすくなります。結果的に、毛根が弱ってしまうので、脱毛しやすくなります。定期的に分け目を変えたりして、負荷を掛けないことが頭皮ケア・ヘアケアになります。

また、女性の脱毛症として牽引性脱毛症というものがあります。長期に渡って同じ部分に負荷をかける髪型や縛り方をしてしまうことで、部分的に薄毛になってしまう脱毛症です。

女性特有の脱毛症の一つとされているのが、この牽引性脱毛症ですね。

ただし、牽引性脱毛症では髪型を変えたり、分け目を変えることで対策が出来ます。まっすぐに後ろに引くような分け目だと薄毛が目立ちやすくなるので、斜めに分け目を作ったり、段差を付けて分け目を作るとダメージが少なくなります。

正常であればショートヘアもロングヘアもさほど負荷は変りませんが、やはり髪が長い分だけロングヘアの方が負荷が大きくなります。

慢性的なヘアスタイルは、牽引性脱毛症となり分け目に負担を与えやすくなります。分け目が薄くなっている人は分け目を変えたり、ヘアスタイルで分け目に負担を与えないような形に変えることで牽引性脱毛症を予防する事が可能です。

ここで、ヘアアレンジについて紹介したいと思います!いつもヘアスタイルが固定されていて、なかなか良いヘアアレンジが見つからない人は参考にしてみてください。

【ワンポイント:分け目を変える髪型】
こちらで「ELLE TV Japan」さんの、「ジグザク分け目の作り方動画」を使ってご紹介していきます。文章ではわかりづらいと思うので動画をチェックしてみてください。

出典:ELLE TV Japan

  1. クシを使って前髪の生え際部分から後ろに向かって髪の毛をとかす。
  2. クシの持ち手の先端を使って垂直に立てながら、頭頂部から前頭部に向かってジグザクに動かす。
  3. ジグザクを壊さないように手で髪の毛を左右に分けて、分け目を付ける。

意外と簡単にジグザク分け目って出来るんですよね!でも気をつけないとイケないのが、分け目を付ける時にクシの先端で頭皮を傷つけないようにすること。分け目を作るために頭皮を傷めていては何のためのジグザク分け目か分かりませんからね。

ワンポイントレッスン:加齢とともに白髪も徐々に出てきますが、放置するのが良いでしょう。白髪を抜いても白髪自体は増えたりしませんが、引き抜くことで頭皮に炎症を起こしてしまいます。そうすると、その周りの毛根にも影響が出たり、痒みが出て掻きむしることで頭皮を痛めたりしてしまいます。

白髪染めなども、頭皮を痛めてしまうのでおすすめできません。正常なヘアサイクルに戻った後であればカラーリングを行っても良いですが、薄毛が続いている状態には白髪は放置しておくのがベターですね。

③生活習慣の乱れが原因

生活習慣

生活習慣の乱れも髪や頭皮トラブルに関係しています。生活習慣には、食生活、運動、睡眠など色々とあります。

食生活についてですが、偏ったものばかり食べていたり、ファーストフードやインスタント食品、冷凍食品ばかり食べているのは良くありません。身体に良いと言われるものでも、同じものばかり食べているのは良くないと言われるくらいです。

特に肝臓への負担が大きなるような食べものや食べ方は避けるべきです。睡眠の2時間前には食事を済ませておくと言うもの、肝臓を休ませてあげるためです。寝ている間に肝臓を休ませるためには早めに夜ご飯を食べ終える事が大切です。夜食や寝る前の飲食は良くありません。

また、アルコールも肝臓への負担が大きくなってダメージを受けてしまいます。アルコールを身体に入れることで満腹中枢が乱れてしまうので暴飲暴食にもなりがちですし寝る直前まで飲食していると肝臓を休ませることが出来なくなってしまいます。

内臓機能の低下は免疫力の低下にも繋がっていきます。免疫力が低下すれば、髪の毛の成長を促すどころではなくなります。身体の免疫力をキープするために栄養分が使われてしまい、頭皮や毛根まで栄養分が行き渡らない可能性が高まってしまします。

運動

次に、運動についてです。日々の生活で疲れきってしまっているので、なかなか運動する時間まで確保できない人が多いのでは無いでしょうか。

身体を動かすことで、代謝が高まります。基礎代謝が高くなれば同じ食事をしても、消費してくれるカロリーが高くなるので、身体が太りずらくなります。また、代謝が高まれば血行促進にも繋がるので、体全体の血行が良くなります。

1回30分の運動を週3回実践できれば最高ですが、分割して1回10分を3回とかでも効果があると言われるようになりました。頑張って毎日やる必要はありませんので、週3回を目処に行えると良いです。

外に出て運動しづらい方にオススメなのはエアロバイクですね。エアロバイクであれば外出する必要が無いので、服装も気にしなくて良いですし、テレビを観ながらでも運動出来ます。実際に私もエアロバイクを購入して運動するようにしています。

また、筋トレをして大きな筋肉を肥大さえるのも基礎代謝を上げる良い運動方法なのでおすすめです。

最後に睡眠についてです。睡眠は人間にとって必要不可欠な時間です。人生の3~4割は睡眠時間になっているくらい大切な時間です。

睡眠中には成長ホルモンの分泌が盛んになります。残念ながら、成長ホルモンも女性ホルモン同様に加齢とともに分泌量は減少傾向になります。睡眠と成長ホルモンの関連性は高いのですが、30代に入ればかなり分泌量が少なくなってしまう状況です。

今、分泌される最大限のホルモンを活かすために必要な事は、睡眠の最初の1時間半を大切にすることです。睡眠の始めの1時間半で成長ホルモンの約7割が分泌されると言われています。

昔はゴールデンタイムと言われ、午後10時から午前2時までに寝ないとダメだとされていましたよね。最近では睡眠の時間帯よりも睡眠の入りを大切にする方が重要だと分かってきたそうです。

ですから、睡眠では最初の1時間半を重要視してみてください。

あかねんのワンポイントレッスン:女性でタバコを吸う人も増えてきていますが基本的には良くありません。タバコを吸うことによって身体中に有害物質が流れていきます。有害物質は活性酸素を生み出し、身体の機能を低下させていくと言われています。

肺がんだけでなく、もちろん髪の毛のトラブルにも繋がってしまいますので控えた方が良いですね。

④日々のストレスが原因

ストレス

ストレスと言っても色々あります。仕事、人間関係、家庭問題、体の悩みなどなど、生活している中で多かれ少なかれストレスはつきまとってきます。

特に、現代社会では女性の社会進出が増えて、ストレスを受ける機会が増えましたね。男性は昔から仕事によるストレスと戦ってきていましたが、女性には、これまで経験したことの無いストレスを受けてしまっています。

男性に薄毛が多いのは、実は仕事のストレスかもしれません・・・・。

厚生労働省がストレスについてのアンケートを実施した結果、人間関係でも最もストレスを感じている人が多い結果が出ています。

ストレスの内容を具体的に見ると(2012年の調査結果)、人間関係(41.3%)が最も多く、仕事の質(33.1%)、仕事の量(30.3%)と続きます。これを男女別に見ると、男性では人間関係(35.2%)が最も多く、仕事の質(34.9%)、仕事の量(33.0%)と続くほか、会社の将来性(29.1%)や昇進、昇給の問題(23.2%)、定年後の仕事・老後の問題(22.4%)についても男性の3人から4人に1人の割合で訴えていることが分かります。一方、女性では人間関係(48.6%)でストレスを自覚している人が約半数を占め、続いて仕事の質(30.9%)、仕事の量(27.0%)と続いています。

厚生労働省 こころの声 (1)ストレスの現状。より引用

女性では、男性よりも人間関係でストレスを感じている人が多い結果となりました。仕事をしていない人でも、育児や家事、ご近所付き合い、嫁姑問題などなど。

また、ご自身が抱えている慢性的な病気によるストレス、心配ごとが重なるストレスもあるでしょう。このように、現代社会では沢山のストレスによる負担増が叫ばれています。

ストレッサーによって引き起こされるストレス反応は、心理面、身体面、行動面の3つに分けることができます。心理面でのストレス反応には、活気の低下、イライラ、不安、抑うつ(気分の落ち込み,興味・関心の低下)などがあります。身体面でのストレス反応には、体のふしぶしの痛み頭痛、肩こり、腰痛、目の疲れ、動悸や息切れ、胃痛、食欲低下、便秘や下痢、不眠などさまざまな症状があります。また、行動面でのストレス反応には、飲酒量や喫煙量の増加、仕事でのミスや事故、ヒヤリハットの増加などがあります。

厚生労働省 こころの声 (2)ストレスとは。より引用

ストレスを受けることで、ホルモンバランスが乱れてしまったり、細胞レベルで体の免疫機能が低下したりして、血流レベルが低くなったり、と過度なストレスは悪い事ばかりです。

完全ノンストレスという生活はまず無理ですし、適度なストレスは体に良いともされています。そこで大切になるのが、ストレス発散法ですね。

好きなものをバカ食いするような方法はあまりオススメできません。結局、体に負担を掛けてしまします。また、アルコールを飲んでストレス発散!なんて言うのもおすすめはできませんね。

あかねんのワンポイントレッスン:個人的には、運動で汗をかいてストレス発散!カラオケで大声出してストレス発散!なんかが良いと思っています。特に大きな声を出して叫ぶと言うのはストレス発散には最適だと思います。

⑤紫外線による頭皮ダメージの影響が原因

紫外線

紫外線を直接頭皮に浴びるのは、良いいことではありません。理由は、体の中で頭皮が一番高い場所にありますよね?顔も日焼けしやすい部位で、シワ・シミが出やすい部位です。

顔と頭皮は皮一枚で繋がっていますので、顔と同じようなケアが頭皮でも必要となります。シワ・シミが出来る原因となっているのが、活性酸素だと言われていて薄毛に関係しているのではないか、と考えられています。

また、頭皮に紫外線を浴びると肌が乾燥しやすい状態になります。乾燥すると痒みが出やすくなったり、頭皮を保護する皮脂が減少するので頭皮が荒れやすくなります。もちろん、毛根へのダメージも無いとは言えません。

特に、分け目を作るヘアスタイルをしている女性ですと、もろに紫外線を地肌に食らっているので、紫外線の悪影響を受けやすくなってしまうデメリットがあります。

髪の毛の日焼け止めはあっても、頭皮に直接塗るタイプの日焼け止めはあまり知られていません。ですから、紫外線への対策方法は帽子を被ったり、日傘をさすのが最も良い紫外線対策と言えます。

できれば、帽子は通気性のよい素材(麦わら帽子や木綿製)ものを被って、日傘をするのが良いでしょう。カラーは白色は熱は通しにくいので暑さは感じにくいですが紫外線は通しやすいです。逆に、黒は熱を通しやすいので暑いですが、紫外線は通しずらいカラーです。

気象庁HPでは、以下のように紫外線に対しての注意書きもされています。

推奨されている紫外線対策を行うとともに、外出時間を朝夕の紫外線の弱い時間帯へずらすなど、紫外線の性質をよく知って行動することで、紫外線による健康被害のリスクを減らすことができます。

気象庁:紫外線による健康被害の予防。より引用

4月終わり頃から9月頃まで気をつけるべきだと、私は考えています。私も頭皮に気を使って帽子や日傘を使うようにしています。基本的に、無対策で紫外線を浴びるといった事はしないように注意していきましょう。

画像は1997年~2008年の東京で観測されたUVインデックスという数値の平均値になります。4月~9月の平均値が高めで、特に7,8月が強くなっています。

分け目が薄くなっていると、どうしても地肌が露出してしまっています。今まで以上に分け目に対して紫外線が当たりやすくなっていますので細心の注意を払ってください。また、しっかりとUVケアを行いましょう!

  • 気象庁の紫外線情報・・・気象庁では紫外線情報を出しています。紫外線対策に役立ててください。

⑥過度なダイエットが原因

過度なダイエット

最後は、過度なダイエットについてです。最近では小学生もダイエットする、と言うニュースも流れていたりします。特に、ご自分の理想体型を下回るようなダイエットは髪の毛に良くありません。

実際に厚生労働省HPでも以下のように紹介されています。

極端な摂取制限は、リバウンドの恐れだけでなく健康に害を及ぼす。

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトe-ヘルスネット。より引用

健康に害を及ぼす中には、頭皮や髪のトラブルも含まれていると考えています。

過度なダイエットになると、ロクに運動せず食事制限だけ行って体重を減らすダイエットになります。健康に害が出るレベルのダイエットが普通になってきているのが、危険だと思っています。

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーです。
1日の総消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)
基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増え、太りにくく痩せやすいカラダになります。逆に筋肉が少なく脂肪が多いと、基礎代謝量が少ないので痩せにくいカラダになります。

CLUB Panasonic:パナソニックの会員サイト:基礎代謝を増やそう!より引用

もし基礎代謝が減ってしまったら、身体は命をつなぐことに一所懸命に働きます。そうなると、肝心の栄養は髪の毛まで行き届きにくくなる可能性が高まります。内臓を動かすためだけに、エネルギーが消費されるというわけです。

しっかりとした食事を摂りながら、運動をして体重を落として行くのが理想的な形です。食べないダイエットが流行っていますが、こういった方法によって薄毛の若年層化しているとも言えるかもしれません。

急激なダイエットの後に、抜け毛が大量に発生してビックリする方がいらっしゃるようです。ダイエットは長いスパンで実践すれば、問題はありません。

有酸素運動よりも筋肉量を増やすだけで基礎代謝がアップして、痩せやすくもなります。特に、大胸筋、背筋、太ももやお尻のような大きな筋肉を肥大させると良いでしょう。

次のページ>>>分け目の薄い状態を改善させる4つの対策とは?


関連記事


ランキング

  1. No.1ベルタ育毛剤

  2. No.2マイナチュレ

  3. No.3ミューノアージュ


おすすめ記事

管理人のあかねんです☆彡

こんにちは、あかねんです☆彡20代から薄毛を経験してきた中で、様々な育毛剤を使ったり自分なりに調べてきました。その数は100種類以上になります。

そんな私が、女性の薄毛や抜け毛の悩みを解決するために必要な情報を記事にしてまとめています。


育毛剤に関しては、私のサイトが1番!という自信だけは無駄に持っています(^^)


女性が育毛剤を使う時代だからこそ、人気や口コミだけで選ぶのではなく、中身をしっかりと見て選んでいくことが大切です。育毛剤マニアのあかねんが情報発信する当サイトを末永く宜しくお願いします\(^o^)/

以上、簡単なあかねんプロフィールでした。

詳細はこちら⇒詳しいプロフィール

おすすめ記事

  1. 女性必見!育毛剤基礎知識集

  2. 育毛剤を始めようか迷っている女性へ!Q&A5選

  3. Q&A

    女性が育毛剤に感じるQ&Aまとめ記事