公開日: 最終更新日:

育毛剤で女性の髪の毛が生える発毛効果はあるの?

髪の毛が生える効果(発毛効果)のある女性用育毛剤はあります。

女性,悩み

抜け毛やボリュームダウンといった薄毛問題に直面する女性は増えてきています。薄毛に効果的なヘアケアアイテムと言えば、やっぱり育毛剤がおすすめです!育毛剤は、毛乳頭や毛母細胞に栄養補給できるので薄毛対策に最適なアイテムなんです。

育毛剤を使ってケアすれば、発毛効果で髪の毛が生えると思っている人も多いのではないでしょうか。

育毛剤の種類、タイプ、配合している成分によって髪の毛が生える力(発毛効果)を持っています。ご自分の頭皮状態や薄毛状態に合った育毛剤を選んで使用すれば、髪の悩みを改善する可能性があります。

育毛剤では、大きく分類すると「生えるタイプ(発毛効果)」と「生える力を助けるタイプ(発毛促進効果)」の2種類があります。

前者の発毛効果は医薬品、後者の発毛効果効果は医薬部外品に分類される育毛剤です。この2タイプについて、どういった効果があるのか詳しく解説していきますので、参考にしてください。

発毛効果があるのは医薬品の育毛剤だけです。

医者

実際に髪の毛が生える、発毛効果を持っている育毛剤は「医薬品」タイプの育毛剤です。

医薬品は「薬」で、医師や薬剤師の管理下で使用することが必要となっています。この、医薬品タイプの育毛剤であれば発毛効果がありますので、髪の毛を生やすことが可能です。薄毛レベルが高い人に効果を発揮してくれる可能性が高いと言えます。

ただし、誰でも確実に、そしてすぐに発毛するわけではありません。短期間で生えるわけではありませんので、じっくりと使用していく必要があります。この理由については、記事後半の「育毛剤の効果を体感できるまでの期間はどれくらい?」で詳しく解説しています。

また、発毛効果のある育毛剤には効果がある反面で、副作用の危険性もあります。医薬品の育毛剤にはミノキシジルという有効成分が使われている育毛剤があります。このミノキシジルには発毛効果と怖い副作用があります。

循環器疾患による死亡例や、心疾患、頭痛、倦怠感、精力減退などなど。

こういった副作用があるので医薬品に指定されていて、医師や薬剤師に元で使用するのがベターだという訳です。薄毛治療にミノキシジルはポピュラーな存在になっていますが、あくまでも専門医の指示が必要です。

個人的には有効成分ミノキシジル配合の医薬品であれば発毛効果があるのでおすすめしたい所ですが、個人使用は避けるべきです。

個人使用して何かあった時には取り返しがつきません。髪の毛を生やしたいと考えているとしても、医薬品の育毛剤を使用する場合には、専門医に相談してからが良いでしょう。

 医薬部外品の育毛剤で「発毛促進効果」を実感したい人へ。 

医薬部外品タイプの育毛剤は、今生えている髪の毛を育てるタイプです。例えば、髪の毛が細くなってしまったり、頭皮環境が悪くなってきた人です。

医薬部外品の育毛剤には効果効能がありますが、ほとんどの育毛剤で同じ効果効能になっています。代表例をあげますと「育毛、養毛、薄毛、毛生促進、発毛促進、脱毛の予防、かゆみ、ふけ、病後の脱毛、産後の脱毛」などです。

一部「病後の脱毛」や「産後の脱毛」の記述が無い育毛剤もありますが、医薬部外品の効果効能は基本的に上記のような内容が当てはまります。

医薬部外品は身体に対して与える影響が緩和ですから、医薬品ほどの発毛効果は望めません。副作用については医薬部外品は医薬品よりも安心なので、女性でも安心感を持って使用しできるヘアケアアイテムになります。

私は、薄毛に悩んできた経験から育毛剤について勉強するようになりました。女性におすすめ出来る育毛剤ってどんな育毛剤なのか?安心して使用できるタイプって何かな?という疑問を持って勉強してきました。

その中で医薬部外品なら、使用に際して安心できるタイプだと分かりました。ただし、医薬部外品と言って100種類以上もあって、何が良いのかご自分で選ぶのは難しいと思います。

>>あなたにおすすめしたい女性用育毛剤は?詳細ランキングはこちら

こちらで、女性に今最もおすすめしたい育毛剤をランキング化して、掲載しています。ランキングの順位については、当サイトのTOPページにて女性用育毛剤を詳しく紹介していますので、参考にしてください。

ワンポイント:最近ですと、育毛剤を購入する際に保証として「全額返金保証」が付いています。ある一定期間内であれば、購入した際に支払った金額を返してもらえる返金保証です。

少しでも金銭的なムダを無くすためにも、全額返金保証を付けている育毛剤がおすすめです。当サイトでおすすめしているものは、ほとんどで全額返金保証付きになっています。最も長いものですと180日間という長期間になる育毛剤もあります。

特に女性は色々なことにお金を使う必要があるので、全額返金保証は欠かせませんね。

薄毛の状態が進行している場合には医薬部外品は効かない。

効果なし

医薬部外品は基本的には誰でも使用出来ますし、副作用の心配もほとんど必要ありません。

育毛剤に入ってる添加物が肌に合わなくて頭皮がかゆくなったり、赤みが出るといったレベルの肌アレルギー症状の可能性はありますが、命に関わるような事はありません。

※ただし、使用している成分でご自身にアレルギー反応が出るものがあれば危険性は高くなります。

医薬部外品の効果としては髪の毛が生える力を助ける力(発毛促進効果)だと考えてください。直接的な発毛効果はありませんが、髪の毛を育てるパワーは備えているという事になります。

ですからツルツル頭に医薬部外品を使ったとしても髪は生えてくる可能性は極めて低いと言えます。ツルツル状態になったら医薬品タイプで発毛治療を行うべきです。ただし、この状態に女性がなる事はほとんどありません。

まだ髪の毛が残っている状態で、ボリュームダウンしてきているはずですから、医薬部外品で改善する余地はあると考えられます。

発毛効果のある育毛剤を使いたいなら個人使用より専門治療がおすすめな理由。

カルテ

発毛効果のある育毛剤を使用する場合、まずは専門医に相談してから薄毛治療を受けることをおすすめします。

理由は2つあります。1つは、医薬品には副作用があるので、使用出来る身体の状態かを確認してもらいます。そもそも、医薬品を使用できない身体の場合もあるからです。

もう1点は、あなたの薄毛状態に対して医薬品の育毛剤を使用するレベルではない可能性があります。医薬品を使うレベルは、かなり薄毛が進行してしまった場合になります。

どちらも、専門医に診てもらわなければ、判断が出来ません。個人使用の場合、治療の経過状態の判断が出来ないので、不安を感じて中途半端に使用してしまう人が出てしまいます。

発毛効果がある医薬品とは言え、適切な状況下で使用しなければ適切な効果を得るのは難しくなります。

もし、専門クリニックに行く場合には、無料カウンセリングがある方が良いでしょう。無料カウンセリングの時点で止めることも出来ますし、治療方針を確認することも出来ます。

育毛剤の効果を体感できるまでの期間はどれくらい?

一般的に、育毛剤を使えばすぐに発毛してくるイメージをお持ちの方が多いですが実際はある程度の期間が掛かってしまします。

これには、毛周期と言われるヘアサイクルが関係しています。ヘアサイクルとは髪が生えてから抜け落ちるサイクルの事で、約3ヵ月~6ヵ月程度の期間を経てヘアサイクルが正常化されると言われいます。

ヘアサイクルには「成長期」「退行期」「休止期」という期間があります。それぞれには大切な役割があって、正確に役割を果たしてくれることで健康な髪の毛がキープできます。

成長期では、活発に毛母細胞が分裂を繰り返す時期で髪の毛が最も成長する大切な期間です。この期間が最も長くて、女性は約4年~8年、男性は約3年~6年と言われています。

退行期では、成長期に活発化していた毛母細胞の分裂が急激に減少していく期間です。この期間は女性も男性も約2~3週間と言われています。

休止期では、髪の毛の成長は完全に停止する期間です。次に生えてくる髪の毛(新生毛)がスタンバイをしていて、いつでも生えられるようになっています。基本的に、ブラッシングなどで抜け落ちるのは休止期の髪の毛ですから、正常な抜け毛と判断できます。期間はおよそ3ヵ月~6ヶ月になります。

ヘアサイクルが乱れてしまうと、成長期が短くなってしまったり、休止期が長くなってしまうことで健康な髪の毛が成長してくれなくなってしまいます。これが薄毛の大きな問題となっています。

ですから、育毛剤を使ったからと言って即効性は無く、しっかりと3ヵ月~6ヵ月使用する事が勧められています。これは、医薬品でも医薬部外品でも実は同じです。

髪の毛が伸びる理由とは?先が伸びてるの?それとも根本から?

髪の毛が伸びる理由ってご存知でしょうか?髪の毛がぐんぐん伸びているのには、実は根本が関係しています。自然界の植物は一般的に、先が伸びていくのですが、髪の毛は根本から伸びていくイメージです。

毛根とはご存知のように、頭皮表面から下の部分を言います。毛根を細分化していくと、毛球という球があってその中に髪の毛の成長のカギと握っている「毛乳頭」や「毛母細胞」があります。

髪の毛の成長に栄養が欠かせないと言っていますが、頭皮の毛細血管を流れている栄養を毛乳頭が吸い上げていきます。毛乳頭が得た栄養分を、次は毛母細胞へと送っていくことで、毛母細胞の細胞分裂が活発になります。

細胞分裂が活発になると、細胞がどんどんと頭皮表面に押し上げられるように上がっていきます。押し上げられたものが、角化(細胞の水分が失われる)させて髪の毛に姿を変えていきます。これが新生毛と言われているものです。

ですから、最初から髪が生えているのではなくて、皮膚の一部が角化によって髪に変化することで髪が伸びるようなシステムになっているんです。

毛根さえ死滅しないで生き残っていれば、髪の毛がまた生えてくる可能性が残ります。何らかの影響で毛根が死滅してしまえば、育毛剤を使ったとしても髪の毛が生えてくるのは難しいと言えます。

Q&A:私のような40代女性が薄毛になってしまう原因には何があるのでしょうか?

40代女性と言うことで、一番は加齢が原因となっている可能性が高いと言えます。女性特有の、びまん性脱毛症の可能性が高いのではないでしょうか。

加齢によって、女性ホルモンバランスが崩れていきます。ホルモンバランスは30代になると分泌量が減り始める年齢になっていきます。

40代ですと、更年期となり女性ホルモンの分泌量はかなり減少してしまいます。体内での女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れて、男性ホルモンの影響が出始めます。

ホルモンバランスが原因となって、女性が薄毛になる症状が「びまん性脱毛症」です。男性の薄毛で代表的な「男性型脱毛症(AGA)」になぞらえて、女性男性型脱毛症と呼ぶ場合もあります。

びまん性脱毛症とは、男性のように局所的にハゲる訳ではなく、頭皮全体が薄っすらとハゲてしまうようなイメージです。これは女性特有の薄毛で、びまん性脱毛症は加齢によってなる可能性が高まります。

他には、過度なストレスによる精神的ダメージ、生活習慣の乱れ、運動不足、同じヘアスタイルによる牽引性6脱毛症なども、女性の薄毛原因となりえます。

全ての女性がびまん性脱毛症になる訳ではありません。薄毛に悩まされずに生きている女性も居ますし、あなたや私のように薄毛に悩むことになる女性も居ます。

大事なのは、薄毛に気づいたら放置せずにすぐに育毛剤などを使った薄毛対策に取り組むことです。放置しておいても現状が良くなることはありません。可能性を捨てずに精力的にヘアケア、頭皮ケアを実践していく事が大切です。

>>女性用育毛剤おすすめ比較ランキング

関連記事>>>女性用育毛剤の選び方ガイド


関連記事


ランキング

  1. No.1ベルタ育毛剤

  2. No.2マイナチュレ

  3. No.3ミューノアージュ


おすすめ記事

管理人のあかねんです☆彡

こんにちは、あかねんです☆彡20代から薄毛を経験してきた中で、様々な育毛剤を使ったり自分なりに調べてきました。その数は100種類以上になります。

そんな私が、女性の薄毛や抜け毛の悩みを解決するために必要な情報を記事にしてまとめています。


育毛剤に関しては、私のサイトが1番!という自信だけは無駄に持っています(^^)


女性が育毛剤を使う時代だからこそ、人気や口コミだけで選ぶのではなく、中身をしっかりと見て選んでいくことが大切です。育毛剤マニアのあかねんが情報発信する当サイトを末永く宜しくお願いします\(^o^)/

以上、簡単なあかねんプロフィールでした。

詳細はこちら⇒詳しいプロフィール

おすすめ記事

  1. 女性必見!育毛剤基礎知識集

  2. 育毛剤を始めようか迷っている女性へ!Q&A5選

  3. Q&A

    女性が育毛剤に感じるQ&Aまとめ記事