公開日: 最終更新日:

生え際が薄い女性に効果的な育毛剤

前髪がはげて薄い状態は危険!育毛剤を使った改善策がおすすめ 

女性にとってヘアスタイルを決める上で大変重要な役割を担っている前髪。その前髪がはげて薄い状態だと、髪型が決まらなくて毎日憂鬱に・・・・しかも風なんて吹いたら、生え際あたりが完全にはげて薄くなっているのが丸わかりに(汗

もし、自分で前髪が薄いかも!?と感じたなら、とにかく早めの対策を取ってください。

抜け毛が増えだしたり、髪が細くなったりと前髪が薄くなってきた症状を放置している限り、今までのような前髪は戻ってくれません。放置すれば、はげは進行するばかりで悪化を招くだけになってしまいます。

そこで重要なアイテムが育毛剤です!女性用育毛剤を効果的に活用して、前髪にアプローチをかけて行きましょう。

育毛剤を上手く活用できれば、頭皮環境の改善に繋がるので、薄くなった前髪の復活に一役買ってくれるはずです。それでは、まず前髪が薄くなってしまう4つの原因を確認してみましょう。

 

#前髪薄い。。。 #カットで直すよ #ダメなヘアカット #切る前 #表参道ヘアカット職人 #髪型

表参道ヘアカット職人 阿部 慎一さん(@awesiniti)がシェアした投稿 –

女性の前髪が薄くなってしまう8大原因とは?

女性の前髪が薄くなる原因には様々なものがあります。その中でも、特に前髪が薄くなる原因になっているであろう8つについて解説していきます。

原因その1.牽引性脱毛症によるダメージ

牽引性脱毛症とは、脱毛症の1つになります。牽引ですから、髪の毛を引っ張ることによって脱毛症になってしまいます。

例えば、毎日同じヘアスタイル(ポニーテールなど)を続けると、いつも同じ部分にだけ負荷が掛かって、引っ張られる形になります。そうなると、負荷が掛かる部分の毛根がダメージを受けて弱ってしまって髪の毛が抜けやすくなるというのが牽引性脱毛症なんです。

牽引性脱毛症は、外因性によるダメージが原因です。ダメージを受けている外因性を取り除いてあげることが大切になります。

対策としては、前髪に負担を掛かるヘアスタイルを長時間している場合には、時間を短くしていきましょう。出来れば、ヘアスタイルを変えてみたり、分け目を作る髪型にしてみるのも効果的な対策です。

また、牽引性脱毛症の場合には、毛根がかなり弱くなっている可能性があります。ヘアスタイルを変えただけでは効果的な対策にならないケースもあります。そういった場合には、育毛剤を使って毛根(毛乳頭や毛母細胞)に栄養を送ってあげるの事で効果的な薄毛対策になります。

個人的には、髪の毛は10万本も生えているのですから、ロングヘアとショートヘアでは重さがかなり違ってきます。毛根への負担を考えた場合には、思い切ってショートヘアにするのも良い方法だと考えています!

原因その2.シャンプーの洗浄成分

あまり知られていませんが、シャンプーの成分が髪の毛の脱毛に関係しているケースがあります。

シャンプーには様々な成分が入っていますが、特に注意したい成分が「洗浄成分」です。頭皮を綺麗にするために、洗浄成分は欠かせません。

市販品のシャンプーなど安価で購入できるものでは、洗浄成分が頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうケースが出てきてしまいます。

特に注意したい洗浄成分が以下の4つです。

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリン酸硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニア
  • ラウリン酸硫酸アンモニア

この4つの洗浄成分は、非常に洗浄力が高い反面、刺激も強く頭皮へのダメージが疑われています。また、皮脂を必要以上に取り除いてしまうために、乾燥しやすくなる場合もあります。

原価が安くつくので、シャンプー成分として非常に使いやすいのが特徴です。また、泡立ちも良いので使用者からしても使用しやすいのが売りです。

ただし、洗浄力が非常に強い石油由来系合成剤です。市販品で上記の4つの成分が入っている場合には、石油由来の高級アルコール系シャンプーと判断してよいでしょう。

高級アルコール系と聞くと、高価なものと思いがちですが実は違います。難しい話になりますが、アルコール分子の中に含まれる炭素の数の多さで、高級か低級かが決まります。ここで言う高級アルコール系は、頭皮に良くない洗浄成分になるので注意してください。

安価で購入できる魅力がありますが、髪の毛への負担が多くなります。毎日使うシャンプーだからこそ、気を配って使用したいところです。

個人的には、シャンプーならアミノ酸系シャンプーがおすすめです。アミノ酸系シャンプーは、洗浄力は弱いですが弱酸性で頭皮や髪の毛への負担が少ないのが特徴です。

もちろんアミノ酸系にはデメリットもあって、洗浄力が弱いので時間を掛けて洗浄する必要があります。丁寧に洗浄することで、頭皮への残留も無くなりますし、毛穴の汚れを落とすことも可能です。

原因その3.ダイエットや食事制限等による栄養不足

女性に多いケースですが、急激に体重を減らすようなダイエット、食事制限を限界ギリギリまで行うといったダイエットでは極端な栄養不足に陥ってしまいます。

抜け毛を助長してしまうので、ダイエット後に脱毛量が急に多くなってビックリされる人もいらっしゃるようですね。

たんぱく質、ビタミン、ミネラル(亜鉛やヨウ素、鉄分)といった栄養は髪に欠かせない成分です。食事制限をされると、かなりの確率でこういった成分が不足する、栄養不足になってしまい、脱毛に繋がってしまいます。

  • 女性は鉄欠乏性貧血に要注意!

女性に特に多いのが、鉄欠乏性貧血という症状です。体内の鉄分が不足することで起こる欠乏症ですが、抜け毛や薄毛を助長する原因になると言われています。

普段の食事だけでも、鉄分が不足しがちですから、食事制限を設けていれば尚更注意するべきでしょう。

貧血になると体を動かした時に、体のさまざまな所に十分な酸素が行き渡らず、それを補うために心臓や肺が懸命に働くことで、体動時の動悸、息切れ、耳鳴り、めまい、頭重感、集中力が低下するなどの症状がおこります。また鉄が不足することによって、爪が割れやすくなる、口の端や舌が荒れる、固形物が飲みこみにくい、髪が抜けやすい、肌がカサカサする、やたらと氷水を飲みたがるといった症状がおこります。

慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト。より引用

慶應義塾大学病院さんのサイトに掲載されていた鉄欠乏性貧血には、髪が抜けやすくなる症状が出ると書かれていましたね。

女性にとって鉄分が不足するのは、髪の毛に直結する可能性があるので大問題です。

鉄分不足への対策としては、食事から摂取する方法とサプリから摂取する方法があります。食事から摂取する場合ですが、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。どちらも鉄分なのですが、吸収率が違ってきますので効率が良いものと悪いものが出てきます。

レバー

一般的に吸収率が良いのはヘム鉄と言われる動物性食品に多い鉄分です。動物性食品には、レバー、赤肉、しじみやあさりなどの肉や魚介類が当たります。

一方で、非ヘム鉄と言われるのは植物性食品に多い鉄分です。植物性食品には、ほうれん草や小松菜などの野菜類や、大豆や卵に含まれています。

吸収率が良い動物性由来のヘム鉄を積極的に摂取していきましょう。もちろん、バランスも大切ですから植物性由来の非ヘム鉄も摂取するようにしてください。

食事から十分に摂取出来ていない場合には、サプリで補うのも一つの方法です。ただし、鉄分不足に限りませんがサプリよりも食事から栄養を摂取する方が、体にとっては良い方法だという事は知っておいてください。

原因その4.眼精疲労による血行不良

眼精疲労とは、目の疲れによるものです。日々の生活で、目を酷使しているのが現代人です。スマホの普及によって、格段に目を使うケースが増えてきています。

日本眼科医会では、眼精疲労の定義を以下のように述べられていました。

目を酷使し続けると、疲れ目以外にも、首や肩のこり、頭痛、イライラ感などの症状が起こってきます。このように目の使いすぎで、全身に疲れを感じる状態のことを眼精疲労といいます。

公益社団法人 日本眼科医会HP。より引用

また、VDT 症候群といってパソコンなどディスプレイ作業を長時間続けることで眼精疲労になりやすくなります。

パソコンや携帯、テレビなどのディスプレイ画面のことをVDT といいます。VDT(Visual DisplayTerminal)作業を長時間続けると眼精疲労になりやすく、VDT 症候群といわれています。

公益社団法人 日本眼科医会HP。より引用

眼精疲労によって、目の疲れだけでなく、全身の疲れや痛みが起こりやすくなります。もちろん、頭皮でも疲れが溜まりやすくなる結果、血流が悪くなって血行不良になる可能性が高まります。

血行不良になると、髪の毛の成長に欠かせない栄養が毛乳頭に行き届かない状態になってしまいます。毛母細胞の細胞分裂が髪の成長に繋がるので、血行不良は良くないと言うことです。

眼精疲労は目の使いすぎや、眼鏡やコンタクトが自分にあっていない事で起こりやすくなります。スマホの時間を短くしたりして出来るだけ目を休ませてあげてください。

また、育毛剤を使って頭皮の血行を促進させるのも一つの方法です。

原因その5.ストレスによる心身のバランス不均衡

現代社会では、女性がストレスを感じるケースが急増していると考えられます。社会進出が増えたことや、子育て環境の変化、ママ友とのお付き合いなど、本当にストレスを受ける機会が増えています。

一般的に急激なストレスによって、円形脱毛症になることは知られています。一過性のストレスでなくて、抜け毛が増えたり、髪が痩せ細ってしまい薄毛になることもあります。心と体のバランスが崩れてしまうのが原因ですね。

ストレスが過剰になると自律神経を乱してしまい、血行不良につながると言われています。血行不良は髪の毛の成長に影響するので、結果的に前髪が薄くなってしまうというわけです。人によっては、頭頂部や分け目に影響が出るケースもあるでしょう。

過剰なまでにストレスを溜め込まない事が大切ですが、ストレスを受けやすい人もいます。そういった場合には、ストレス発散の機会を増やすとともに、育毛剤を使用した頭皮ケアやヘアケアにも力をいれましょう。

原因その6.カラーリングによるダメージ

頭皮や髪にダメージを与えてしまう、カラーリングは要注意です。健康な状態であっても、カラーリングをすることでダメージを与えてしまうことになります。

単純に、黒髪を茶色や金色に染めるカラーリングもあれば、白髪染めのようなカラーリングもあります。どちらも、髪に良いとは決して言えません。

カラーリングによるダメージは蓄積されて行きますので、1回やったくらいでは影響が出ない場合があります。カラーリングの頻度が高くなっている場合ですと、頭皮や髪のダメージが蓄積されている可能性が高いと言えます。

一旦、負荷を取り除いてあげる意味でもカラーリングは止めてみてください。同時に、育毛剤を使って頭皮ケアを行って一刻も早く頭皮環境を整えてあげる事が大切です。頭皮環境が整えば、健康な髪が育つ可能性が高まります。

傷んだ髪については、育毛剤だけで改善するのは難しいと言えます。一旦キューティクルが開いてしまうと、元に戻す事が出来ません。そういった場合には、トリートメントなどで補修することが必要になるからです。

カラーリングをすると、毛髪が傷んで髪が切れてしまう切れ毛が目立つようになったりします。それだけ、髪が傷んでいる証拠です。傷んでしまった髪は新しく生えてくるまで、元に戻らないので育毛剤を使って栄養を与える事が重要になります。

原因その7.睡眠不足や質の低下による成長ホルモン分泌不足

睡眠と健康は密接に関係しています。睡眠不足になると、様々な健康障害が出ることが報告されています。

髪の毛と睡眠の関係は、睡眠中に分泌される成長ホルモンが重要になります。成長ホルモンは、成長期に最も重要となるホルモンですが、大人になっても大切なホルモンです。

大人になってからも、成長ホルモンは代謝を促すために必要なホルモンです。代謝を促すことで、髪の毛の元となる毛母細胞の細胞分裂も良くなり、髪の成長に繋がります。

一般的に、加齢とともに毛母細胞の細胞分裂は弱まってくるので、必然的に抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなってボリュームダウンとなり薄く見え始めます。

成長ホルモン分泌量は30代以降は急激な下降傾向にはいっていきます。ただでさえ、分泌量が少なくなるのに睡眠不足や質が低下すれば、更に成長ホルモン分泌量が減ってしまう可能性が考えられます。

睡眠不足は人によって変わりますが、起きる時間を一定にすることで体内時計が整っていきます。そして、成長ホルモンの分泌も安定するようになります。

徹夜だったり、起きる時間が一定していないと成長ホルモン分泌量に影響する恐れがありますので、睡眠について見直してみましょう!

原因その8.紫外線によるダメージ

紫外線による頭皮ダメージは抜け毛を増やしたり、頭皮環境を悪くしてしまう可能性が出てきます。安易に紫外線に晒されるのはおすすめ出来ません。

環境省では、紫外線に多くばく露される時間帯や時期が下記のようになっていました。晴れているよりも曇っている方がばく露される強さは弱まるんですけど、薄雲くらいなら80%くらいまでしか落ちません。

曇っているからといって、紫外線に晒されないというのは嘘だと思ってください。

① 南に行く(緯度が低くなる)ほど強い。
②1年のうちでは春から初秋にかけて強い(4 ~ 9月に1年間のおよそ70 ~ 80%)。
③1日のうちでは正午をはさむ数時間が強い(夏の午前10時~午後2時に1日のおよそ60%、
冬の同じ時間帯では1日の照射量の70 ~ 75%を占めます)。

環境省 紫外線環境保健マニュアル 5.日常生活での紫外線ばく露。より引用

紫外線対策としては、最もベストなのは紫外線が強い時間帯に外出しないということです。外出すれば、少なからず紫外線の影響を受けてしまいます。

外出される際には、頭皮を守る装備をしましょう。特におすすめなのが、帽子や日傘です。帽子は通気性の良いものが良いでしょう。通気性が悪い帽子ですと、紫外線からは頭皮を守れても蒸れてしまい頭皮の雑菌が増えてしまう可能性があります。

日傘であれば、帽子をしなくてもしっかり守れますが、頭皮だけでなく髪の毛も守りましょう。ロングヘアですと、日傘だけで守れない可能性も出てきます。

紫外線に晒された場合には、しっかり育毛剤を使って頭皮に栄養を与えてください。栄養を与えないでそのままにしていると、抜け毛が増えたり薄毛が助長されてしまう恐れが高まりますので注意しましょう。

次のページ>>>薄毛治療とおすすめ育毛剤について


関連記事>>>髪の毛が細い女性はハゲる!?太くする対策方法6つを紹介!

関連記事>>>頭頂部の薄毛つむじはげ|おすすめ女性育毛剤と薄毛原因解説


関連記事


ランキング

  1. No.1ベルタ育毛剤

  2. No.2マイナチュレ

  3. No.3ミューノアージュ


おすすめ記事

管理人のあかねんです☆彡

こんにちは、あかねんです☆彡20代から薄毛を経験してきた中で、様々な育毛剤を使ったり自分なりに調べてきました。その数は100種類以上になります。

そんな私が、女性の薄毛や抜け毛の悩みを解決するために必要な情報を記事にしてまとめています。


育毛剤に関しては、私のサイトが1番!という自信だけは無駄に持っています(^^)


女性が育毛剤を使う時代だからこそ、人気や口コミだけで選ぶのではなく、中身をしっかりと見て選んでいくことが大切です。育毛剤マニアのあかねんが情報発信する当サイトを末永く宜しくお願いします\(^o^)/

以上、簡単なあかねんプロフィールでした。

詳細はこちら⇒詳しいプロフィール

おすすめ記事

  1. 女性必見!育毛剤基礎知識集

  2. 育毛剤を始めようか迷っている女性へ!Q&A5選

  3. Q&A

    女性が育毛剤に感じるQ&Aまとめ記事