公開日: 最終更新日:

若い女性の薄毛には育毛剤!若年性脱毛症の原因を解説

若い女性の薄毛におすすめ対策は育毛剤でケアすること!

女性,髪の毛

こんにちは、あかねんです☆彡現代社会では、若い女性が髪の毛や頭皮の悩みを抱えるケースが急増してきています。

一般的には、30代などから、脱毛が始まったり、髪の毛が細くなると言った事はあります。10代や20代と言った若い女性が薄毛になるケースは、本来なら多くはないのですが、若年層から始まる若年性脱毛症が増えてきています。

それには、多くの原因が考えられていて、しっかりと対策を取らないと更に薄毛が進んでいく可能性が高まります。

最もおすすめしたい対策は育毛剤を使用して行くことですが、それだけでは十分な対策とは言えません。これからお伝えする、若年性脱毛症の原因に目を通して頂いて、ご自分に当てはまることはちゃんと治していくようにしてください。

本文の最後では、10代や20代女性におすすめの育毛剤についても紹介していますので参考にしてください。

若年性脱毛症の原因は?どうして若いのに薄毛になってしまうの?

なぜ

1.過度なダイエット

若い女性が薄毛になった時に、真っ先に思い浮かぶのが「ダイエット」です。ダイエット自体は悪いことではありませんし、無駄に太ってしまうよりかはマシです。

ただし、ダイエットも過度になると逆効果になってしまいます!

1ヵ月で5キロダイエット、3ヶ月で10キロダイエットなどなど。こういった過度なダイエットを行い続けることは、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

過度なダイエットをすることは、恐らく食べ物を制限しないと難しいと思います。たんぱく質を完全に抜いたり、糖質制限ダイエットをしたり。

こういった食事を制限するダイエットを行うと、体の中の栄養素が不足してしまいがちです。髪の毛も栄養素をエサにして成長しているでの、エサが無くなれば成長出来なくなっていきます。

ダイエットの基本として、1ヶ月に落とせる体重はご自分の「体重×5%」の範囲内であれば、特に問題ありません。

40キロであればマイナス2キロまで、45キロであればマイナス2.25キロまで、50キロであればマイナス2.5キロまで。

この範囲でしたら、恐らく栄養不足にならない範囲で食事が出来ていると思います。

ダイエットの基本として基礎代謝>摂取カロリーになれば、嫌でも痩せていきます。基礎代謝にプラスして有酸素運動を行えば、それだけ代謝量が増えるので痩せやすくもなります。

個人的におすすめなのは、ダイエットを効果的に行うために体の中で大きな筋肉を強化してあげると良いでしょう。例えば、背中、胸、太腿と言った大きな筋肉を強化すると、代謝が良くなり痩せやすくなります。

ダイエットが原因で薄毛になった場合には、栄養不足が予想されますので、この後で紹介する栄養素の補給に力を入れてみてください。

2.ストレス

現代社会では、ストレスとなる原因が本当に多いと実感しています。

例えば、若い世代へのスマホの普及率によって、SNSに触れる機会が増えてきています。SNSによって、必要のない情報まで目に入るようになり、ストレスとなる機会が急増しています。

LINEもそうですが、仲間はずれにされたり、既読になっているのスルーされたり。こういった小さな積み重ねがストレスとなり、心身をむしばんでいきます。

ストレスと薄毛についての関係性は、ストレスを過度に抱えることで血行不良に陥ることがあります。血行不良になると言うことは、口から摂取した栄養が髪の毛まで運ばれづらくなると言う事でもあります。

ダイエットのところでもお話しましたが、髪の毛には栄養が必要です。その栄養は血流に乗って頭皮まで運ばれていきますから、血行不良は薄毛にとって天敵です。

また、血行不良などになることで、頭皮も乾燥しやすくなってかゆみが出たり、フケが出やすくなります。こういった乾燥した頭皮も健康な髪の毛を育てるためには、とても邪魔な存在になります。

ストレスを軽減してあげるのが最も良い方法なのですが、現代社会では簡単なことではありません。ストレスを減らして行くという事は、人との関わりを遠ざける他無いと考えています。

ストレスを軽減出来ない状態ですから、ストレスによる血行不良や乾燥肌を改善する事が重要です。その上で、育毛剤は有効だと思っています。

育毛剤には、血行を促進させる成分・エキスや、保湿効果のある成分・エキスをなどを使っているからです。そして、それをダイレクトに頭皮に付けるの有効な手段だと考えられています。

3.成長ホルモンの分泌低下

成長ホルモンは体のあやゆる機能を高めてくれるホルモンです。生まれたての赤ちゃんから高齢者まで、成長ホルモンを必要としていて、脳から分泌されていると言われています。

特に、成長期にあたる時期には、身長を伸ばしたり、筋肉を大きくしたりするために最も多く分泌されています。春期の後期に成長ホルモンが分泌ピークとなり、それ以降は緩やかな下り坂の曲線をかいていきます。

10代や20代であれば、実際のところは成長ホルモンをバンバン分泌している状態なんです。

しかし、何かしらの影響を受けて成長ホルモンの分泌が少なくなっているケースが考えられます。成長ホルモンが少なくなると、髪の毛の成長にも影響を及ぼします。

成長ホルモンが分泌されることで、髪の毛の素となるたんぱく質が生成されます。そのたんぱく質によって、髪の毛は綺麗で黒々した状態をキープする事が出来ます。

ですから、一般的には10代や20代女性は薄毛になる確率が極めて低いと言うことです。それが薄毛になると言うことは、成長ホルモンの影響を受けている可能性があります。

個人的な意見ですが、成長期に成長ホルモンがしっかりと分泌されないのは、睡眠不足が大きいのでは?と考えています。

4.睡眠不足

睡眠不足・・・・遅くまでスマホを触っていたり、テレビを見ていたりして、睡眠不足に。睡眠不足と言うのは、成長ホルモンの分泌に大きく影響を与えていると考えています。

成長ホルモンが最も分泌される時間帯は、睡眠後の2時間から3時間くらいで量がピークに達します。これまでは、午後10時から午前2時に寝れば良いと言われていましたがそうでは無いようです。

だったら、夜更かししても分泌されているのでは??と思いますよね。

確かに分泌はされていると思いますが、夜更かしすることで睡眠の質が低下してしまいます。睡眠の質は成長ホルモンの分泌に大きな影響を与えているので、夜更かしはダメだと言うことになります。

そういった意味からも、午後10時くらいに眠りに着くのは、睡眠の質を上げてくれるのでゴールデンタイムと呼ばれて居たのかもしれません。

成長期であれば8時間から9時間はの睡眠は必要だと言えます。20代でも前半であれば、少なくとも7時間くらいの睡眠を取って成長ホルモンの分泌を促したいところですね。

どうしても、勉強などで忙しい場合でも夜更かしせずに、朝型に切り替えましょう。12時から7時まで寝るよりも、10時から5時まで寝た方が成長ホルモンにとって良いと思います。

5.栄養不足

ダイエットの所でもお話しましたが、栄養不足は髪の毛の天敵です。口から入る食べ物で、体は生成されて動いていると言っても過言ではありません。

ですから、栄養不足になると言うのは髪の毛の成長を妨げるので、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えてしまったりします。

口から入れる食べ物に含まれている栄養の量が少なければ、髪の毛に十分な栄養が行き届いている可能性は低くなります。理由は、体を動かすために必要な機能のために、栄養が使われるからです。

髪の毛のために使われる栄養分なんて、たかが知れているんですよね。

知れているけれど、全くゼロになってしまうと言うのは致命的です。10代や20代はダイエットをしたい時期になるので栄養が不足しがちです。

栄養については、この後で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

6.シャンプー

シャンプーは日常生活で当たり前のように、小さい頃から使ってきたと思います。シャンプーが薄毛の原因になるとは思わないかもしれませんが、実は薄毛の原因になる場合があります。

まず大切なのがシャンプーの種類です。シャンプーには色々なタイプがあって、洗浄力が非常に強いシャンプーが存在します。こういったシャンプーの場合には、汚れをしっかりと落としてくれるイメージがありますが、必要以上に落とすというデメリットがあります。

頭皮に必要な皮脂までしっかりと落とすことで、頭皮が乾燥しやすくなったり、逆に皮脂の分泌が多くなったりもします。

次にシャンプーの落とし方です。シャンプーなんて、適当に洗い流せばいいんじゃないの?と思っているかもしれませんが、実はしっかりと洗い流さないと頭皮にシャンプーが残ってしまい、毛穴を塞いでしまうケースがあります。

毛穴が塞がってしまうと、髪の毛が育ちにくくなり細い髪の毛しか生えてこなくなります。

シャンプーはシャワーで5分程度洗い流す必要があります。美容院でシャンプーを洗うときって、かなり時間を掛けてますよね?それは、時間を掛けないと頭皮に残ってしまう事を知っているからですね。

個人的には、シャンプーは頭皮に優しい「アミノ酸系」がおすすめです。アミノ酸系シャンプーは、洗浄力が弱いのでしっかりと洗う必要がありますが、頭皮や髪の毛には優しいので私はお気に入りとして使っています。

ノンシリコンかシリコンかはあまり関係ないと思いますが、ラウリル酸系、ラウレス酸系が良くないのには同感ですね。

7.カラーリングによるダメージ

若年層からカラーリングをするというのが、最近では珍しくなくなってきています。個人的に染めているケースもあれば、親が染めていたりするケースもあったりして、カラーリングする若年者が多くなっています。

カラーリング自体が薄毛に直接関係している訳ではありませんが、カラーリングの液が頭皮に付着して、洗い流さずに放置すると毛根まで浸透して、傷めるいるケースがあります。

こういった事は、美容院で染めてもらう場合には考えづらいのですが、自宅で行う場合には注意が必要でしょう。

また、間隔が短くなればそれだけ負担も増えてしまいますので、出来るだけ数ヶ月といった間隔を空けて行いましょう。

8.飲酒喫煙

若い女性の間でも、飲酒や喫煙をするケースが増えてきています。実際には20歳になるまでは、飲酒も喫煙も禁止されていますが、本当は20歳を超えても飲酒や喫煙はしないほうが良いでしょう。

特に喫煙については、百害あって一利なし!で、体全体に悪影響を与えます。血行不良にもなりやすいので、頭皮へ栄養が行き届かなくなります。

飲酒については、適度であれば問題ないと言われていますが、20歳になるまでは止めておきましょう。法律的な問題もありますが、ご自分の体の事が一番の問題です。

特に若い場合には、飲み方も荒れやすくなるので、適量で済むケースが少ないと思います。

飲酒や喫煙は、頭皮や髪の毛にとって良いとは言えません。出来れば、止める事を検討してみてください。

若年性脱毛症の対策|栄養補給をしっかりする

食事

若年性脱毛症の対策としては、栄養をしっかりと補給する必要があると思っています。手軽の食べる事ができるファストフードやインスタント類などでは、十分に栄養があるとは言えません。

サプリメントなどでカバーするもの悪くありませんが、お金がかさんでしまいますので、出来るだけ食事から摂取した方が良いと思います。

もちろん、どうしても食事は手抜きにして、サプリメントを摂取したいと言う人は、育毛サプリメントがおすすめです。育毛サプリメントは育毛に必要な成分を凝縮しているので、色々なサプリメントを飲まなくて楽に継続できます。

関連記事>>>育毛剤とサプリで育毛効果Wアップ!?女性の抜け毛対策相談室

とは言っても、サプリメントよりも食事が重要です!特に、髪の毛の素となるのがたんぱく質ですから、積極的にたんぱく質を摂取しましょう。

たんぱく質の多い食べ物は、鶏肉、牛肉、マグロや鯖といった魚類、豆腐や納豆あたりです。特に鶏胸肉は100gあたり約20gグラムのたんぱく質が摂取でき、かつカロリーも低いのでダイエットにも最適です。

たんぱく質は最低でも「体重×1g」の摂取を目指していきましょう。

あかねんの記事まとめ

育毛剤

考えたのですが、育毛剤だけに頼って欲しくないので最後にしました。

育毛剤はお伝えしたように、育毛を促進させる成分を中心に、血行促進や保湿作用を持った成分やエキスを配合して作られています。

そういった成分を配合している育毛剤を、頭皮にダイレクトにつけていくので、栄養が届きやすくなります。正直、口から摂取した栄養よりも遥かに毛根まで栄養が届きやすいと言えます。

ただし、そんな効果的な育毛剤でも良くないから可能性はあります。前述したように栄養が極端に少ないだとか、睡眠不足が続いているとか。そういった事があれば育毛剤をいくら使っても、対策にはなりません。

しっかりと原因となる部分を直していって、その上で育毛剤を使っていくのは効果的と言えるのではないでしょうか。

>>女性用育毛剤

 


第一位:ベルタ育毛剤

若者訴求

第二位:マイナチュレ

980円訴求バナー

第三位:薬用ハリモア

薬用ハリモア

関連記事>>>キューティクル再生方法|髪のキューティクルは増やせない!?


関連記事


ランキング

  1. No.1ベルタ育毛剤

  2. No.2マイナチュレ

  3. No.3ミューノアージュ


おすすめ記事

管理人のあかねんです☆彡

こんにちは、あかねんです☆彡20代から薄毛を経験してきた中で、様々な育毛剤を使ったり自分なりに調べてきました。その数は100種類以上になります。

そんな私が、女性の薄毛や抜け毛の悩みを解決するために必要な情報を記事にしてまとめています。


育毛剤に関しては、私のサイトが1番!という自信だけは無駄に持っています(^^)


女性が育毛剤を使う時代だからこそ、人気や口コミだけで選ぶのではなく、中身をしっかりと見て選んでいくことが大切です。育毛剤マニアのあかねんが情報発信する当サイトを末永く宜しくお願いします\(^o^)/

以上、簡単なあかねんプロフィールでした。

詳細はこちら⇒詳しいプロフィール

おすすめ記事

  1. 女性必見!育毛剤基礎知識集

  2. 育毛剤を始めようか迷っている女性へ!Q&A5選

  3. Q&A

    女性が育毛剤に感じるQ&Aまとめ記事