公開日: 最終更新日:

夏の抜け毛原因!7月・8月は抜け毛が多い季節です!

夏の時期に抜け毛が多くなってしまう原因と効果的な対策法

こんにちは、あかねんです☆彡夏場に抜け毛が増えてしまう原因には、様々な原因が考えられています。一つの事と言うよりも、色々な原因が重なりあって頭皮環境を悪くして、抜け毛を増やしてしまっています。

秋が最も抜け毛が増える季節と言われていますが、人によっては夏場に最も抜け毛が多くなる場合もあります。しっかりと原因を理解して、対策を行っていってください。

紫外線による影響

紫外線

夏は紫外線の強まる時期、顔の日焼けを気にする女性は多いのですが、頭皮や髪の毛に対してのケアを怠っている人が多いのが現状です。

頭皮や髪の毛に紫外線を浴びる事で、傷ついてしまいます。頭皮であれば、乾燥したり、炎症を起こしてしまいます。髪の毛なら、キューティクルが壊されてしまい、パサパサな髪の毛になってしまいます。

髪の毛が長い女性は、短髪の女性よりは頭皮が守られてはいますので、男性よりも紫外線の影響を受けにくい面があります。ですが、女性であっても頭頂部が薄くなってきていたり、分け目が薄い状態など頭皮が露出している部分では、もろに紫外線の影響を受けてしまいます。

紫外線を受けたダメージによって、抜け毛を増やしてしまったりして、本来抜け落ちる時期にないものまで抜けてしまい薄毛状態になってしまう危険がありますので、しっかりとした紫外線対策が必要なのです。

対策:紫外線に対しての対策は、シンプルです。頭皮や髪の毛を守るために、帽子を着用するが一番簡単な対策です。個人的には、ツバの大きな女優帽がおすすめです。ツバが広いので紫外線を受ける範囲も少なくなります。

あとは、UVカット用品が多く販売されていますので、そちらで頭皮や髪の毛を事前ケアしておくのも大切です。ただし、頭皮や髪の毛に塗布するので夜にはしっかりと洗い流してあげましょう。頭皮に残留させて状態で一晩を過ごすのは頭皮によって良くありません。

お化粧をしたままで、一晩過ごすようなものです。シャンプーやトリートメントを使ってしっかりと落とすことは忘れないでください。

頭皮の発汗による影響

汗

夏場は特に暑く、汗をかきやすい季節です。身体全体に汗をかくので頭皮でも、大量の汗をかくことになります。汗を大量にかくと言うことは、それだけ汚れやすくなっている証拠でもあります。

汗をかいて放置すると、頭皮にいる常在菌などの雑菌が繁殖しやすくなります。湿度が高い状態ですと、一層繁殖する可能性を高めます。

また、頭皮を守るために皮脂が分泌されやすい状態になるので、皮脂が雑菌のエサになるので更に増えやすい状態を作ってしまいます。毛穴の詰まりも起こりやすくなるので、髪の毛が細く育つ状態を作ってしまうのも問題です。

ですから、夏場は特に頭皮環境が不衛生になりやすい状態なのです。こればかりは、どうしようもありませんよね。ずっとエアコンの中に居るか、避暑地にでも行って暑い夏が終わるのを待つしかありません。

しっかりしたヘアケア、スカルプケアを行うことで不衛生な状態を長くさせない事が大切です。

対策:対策は一日の終わりに、シャンプーを使って頭皮の汚れを確実に落としてあげることです。シャンプーは洗浄力の強いものが良さそうですが、あまり強い洗浄力のシャンプーですと逆にシャンプーで頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

シャンプーはアミノ酸系シャンプーがおすすめ!アミノ酸系は洗浄力は弱いものの、肌に優しいのが特徴です。洗浄力が弱いのでしっかりと丁寧に頭皮を洗浄してあげましょう。最後には、シャワーを強めに出して頭皮にシャンプーが残留しないように洗い流します。

シャンプーが残留してしまうと、毛穴の詰まりを招いてしまいます。また汗をかく事が多いので一日に何度もシャンプーをしたくなるかもしれませんが、シャンプーを使うのは夜の一回がおすすめです。

何度もシャンプーを使って洗浄してしまうと、常に頭皮が乾燥した状態が続いてしまいますので頭皮環境が悪くなってしまいます。どうしてもという時は、ぬるま湯で頭皮を洗うだけでも十分です。

ホコリや汚れを落としてあげることで、頭皮環境を少しでも良くしていく事が対策になっていきます。

海水浴の影響

海水浴

以外もしれませんが、海水浴も髪の毛の抜け毛を増やしてしまう原因になり得ます。海水浴と言えば、青い海!そして青い空と白い雲!ですよね。

綺麗な青い海、見てる分には良いのですがいざ入ってみると、髪の毛や頭皮には最悪の環境です。私達の髪の毛は酸性なのですが、海水は弱アルカリ性と正反対になっています。

髪の毛を形成する「ケラチン」はアルカリ性に弱いので、髪の毛を傷めてしまう危険性が出てきます。

また海水によって髪の毛がパサパサの状態になりますが、髪の毛の保湿作用が失われてしまっている証拠です。すぐに抜け落ちてしまう訳ではありませんが、こういった事が秋に入ってダメージとして抜け毛となって現れて
きます。

もちろん、海水浴では紫外線にさらされる危険性が高くなるので紫外線からの影響も受けてしまいます。パラソルなどを効果的に活用して、常時紫外線にさらされないような環境を作ることも必要でしょう。

対策:対策は、海水浴に行かないことです(汗)冗談ではなくて、海水浴に行かないことが最大の抜け毛対策と言えます。どうしても水に入って遊びたい、泳ぎたい、ということであれば川がおすすめです。川であれば海水の悪い影響を受けずに楽しむことが出来るからです。

川でも紫外線にはさらされてしまうので、しっかりと紫外線対策は忘れないようにしてください。

睡眠不足の影響

睡眠不足

夏場に最も起こりやすい生活習慣の乱れが、睡眠不足です。暑い日が続く夏場になるとどうしても、寝苦しい夜が出てきてしまいますよね?特に25度以上の熱帯夜になると、寝苦しいはグンっと高まります。

寝不足は髪の毛の成長を阻害する恐れがあります。睡眠中に髪の毛を成長させるホルモンの分泌や、内臓を休ませてくれますので、途中で何度も起きてしまったり寝付きが悪くなると睡眠の質が低下してしまいます。

睡眠時間よりも睡眠の質が重要なので、髪の毛の成長が邪魔されて抜け落ちやすくなる環境を作ってしまい兼ねません。また、夏場はどうしても気持ちが高ぶってしまうので、いつもよりも睡眠時間が短くなりやすいのです。

対策:睡眠の質、時間を確保するのは容易ではありません。特に、クーラーを点けて寝るのが嫌な女性にとっては大変辛いところがあります。体が疲れている割には、寝付きが悪くて眠りが浅い状況になりやすいですから、それを見越した対策を取りましょう。

おすすめなのが、風を直接受けない環境を作ることです。例えばクーラーを点けて寝るにしても、タイマーにして置くと結局消えた後に暑くなって起きてしまいます。

クーラーの風が直接当たらないようにベッドの位置を変えたり、風の進む方向につい立てを立てたりして直接当たらないようにします。扇風機も直接当てないように、壁に当てたりして室内全体を循環するようにしてあげると体も必要以上に冷やさないで、睡眠の質をキープ出来ます。

もし旦那さんや彼氏さんと同じベッドや部屋で寝ている場合には、男性の体感と女性の体感は合わないので、夏場など暑い期間だけでも別々に寝ることも必要になってくるかもしれません。

冷房クーラーの影響

冷房,クーラー

夏場に欠かせないのが、冷房クーラーですよね!私の幼少期でしたら、扇風機だけでも過ごせる日があったのですが今では冷房を使わない日が無いくらいの暑さが続くようになってしまいました。35度を超える「猛暑日」なんて言うのは、ほんと最近だと思います。

それだけ、冷房を使っていると言う事になりますが、体にとってはあまり良いとは言えません。

冷房の冷たい風が頭皮にあたることで乾燥しやすい状況になる、という事もありますが、それ以上に体の機能が低下してしまうことに注意が必要です。

冷たい部屋でずっと過ごしていると、外出したときに異常な暑さを感じるようになります。こういった事を繰り返しいると体が疲れやすくなり、だるくなってしまいます。

冷房に当たることで体が冷えてしまい、自立神経の乱れを引き起こす恐れも出てきます。

頭皮の血行不良だけでなく、全身の血行不良にもなってしまうので、髪の毛に必要な栄養が運ばれにくくなってしまします。栄養不足になることで、抜け毛が助長されて薄毛になってしまう環境を作ってしまうのです。

対策:女性の場合には、一般的に冷え性の方が多いのですが、冷房で更に体を冷やしてしまうので危険です。職場ではガンガンに冷房の効いた室内に居ることと思いますが、出来るだけ体を冷やさないように多めに羽織ったり、冷たいものを飲まない、直接風に当たらない、ような工夫をしてください。

私も昔の職場では、男性ばかりで冷房がかなり効いた部屋でデスクワークをしていました。冷房の風が直接当たらないように、風の引き出し口にルーバーを付けてもらったりしていました。

どうしても職場では自宅のように、ご自身の都合で制限できない部分も出ると思いますが、体を冷やさない工夫をしてください。

食生活の影響

夏場は食生活が最も乱れやすくなる季節です。原因は、夏の暑さにあります。

暑くなると、自然と食欲が減ってきて食べやすい麺類などや冷たいアイスや飲み物、アルコール類を飲む機会が増えていきますよね。私も夏場になると、アルコールを呑みたくなってしまう性分です。

食生活が偏ってしまうと、絶対に栄養も偏ってしまいますから髪の毛や頭皮に良くありません。特に、夏場に好んで食べるものは栄養価も少なく、髪の毛の成長の手助けになりづらい物ばかりです。

また、夏場には体を冷やす食べ物を摂取するので、体の冷えも起こりやすくなる特徴があります。

対策:夏場でもしっかりと栄養バランスを考えてた食事をする事がベストです。とは言え、中々難しい側面があるのでサプリメントなどを効果的に活用して、足りない栄養を補っていきましょう。

特に髪の毛にはビタミンやミネラルの他に、亜鉛が必要になります。亜鉛は、あまり食べ物から摂取するのが難しい栄養素でもあるのでサプリメントを活用しましょう。

もちろん、出来るだけ体を冷やすような食べ物、飲み物を口にしない事も大切になります。

ダイエットの影響 

ダイエット

女性にとっては一年を通して悩みになるテーマ「ダイエット」が、抜け毛を増やす要因になってしまいます。

夏場の前からダイエットに励む方もいらっしいますが、短期間で急激なダイエットをする女性もいらっしいます。こういった過度なダイエットは、栄養バランスが一挙に崩れてしまい髪の毛が育たなくなります。育たなくなった髪の毛は抜け毛となり抜け落ちていきます。

対策:ダイエットをしてしまった場合にはどうしようもありません。体重を増やしたところで、ヘアサイクルが崩れてしまっていれば抜け毛は更に増えてしまう環境になっています。

ですから、こういった過度なダイエットで抜け毛が増えた場合にはヘアケアとして「育毛剤」を使用するのがおすすめです。育毛剤は髪の毛や頭皮に必要な栄養が入っていて、それを直に届けていくので効果が期待できます。

本来であれば、過度なダイエットを避けて長期的に痩せていくのが髪の毛には良い痩せ方です。また、ダイエットを始める前から、育毛剤を使ってヘアケアをしておくもの抜け毛予防になるのでおすすめです。

あかねんの記事まとめ

夏場の過ごし方によって、秋の抜け毛が増えることもありますし、減ることもあります。夏場に無理をしていたとなると秋には更に抜け毛が増えてしまって、薄毛のレベルになる可能性が出てきます。

夏場を上手く乗り切って、髪の毛に対しての負担を掛けない事が最も重要になります。夏場の無理は、秋にドバっと精算される危険性があることを知っておいてください。

最後まで、ありがとうございました☆彡

関連記事>>>おでこの生え際が薄い女性に効果的なおすすめ育毛剤とは?

参考記事>>>夏よりも秋はもっと抜け毛が多くなりやすい季節!その原因とは?⇒(秋の抜け毛原因!9月・10月・11月は抜け毛予防と対策必須!


関連記事


ランキング

  1. No.1ベルタ育毛剤

  2. No.2マイナチュレ

  3. No.3ミューノアージュ


おすすめ記事

管理人のあかねんです☆彡

こんにちは、あかねんです☆彡20代から薄毛を経験してきた中で、様々な育毛剤を使ったり自分なりに調べてきました。その数は100種類以上になります。

そんな私が、女性の薄毛や抜け毛の悩みを解決するために必要な情報を記事にしてまとめています。


育毛剤に関しては、私のサイトが1番!という自信だけは無駄に持っています(^^)


女性が育毛剤を使う時代だからこそ、人気や口コミだけで選ぶのではなく、中身をしっかりと見て選んでいくことが大切です。育毛剤マニアのあかねんが情報発信する当サイトを末永く宜しくお願いします\(^o^)/

以上、簡単なあかねんプロフィールでした。

詳細はこちら⇒詳しいプロフィール

おすすめ記事

  1. 女性必見!育毛剤基礎知識集

  2. 育毛剤を始めようか迷っている女性へ!Q&A5選

  3. Q&A

    女性が育毛剤に感じるQ&Aまとめ記事